川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

好対照なふたつを伝えるとき、自分の価値を下げないために使うべきではない言葉

投稿日:

117と177はどちらが天気予報でどちらが時報だったか。覚え方には色々あるけれど、無理に両方を覚えようとせずとも、一方だけをちゃんと記憶しておけば答えは導き出せる。

他を蔑むことが差別化なのだとすれば。 | コトバノ

スネ夫くんが好かれない本当の理由。 | コトバノ

僕が会社のメンバーに伝え続けていることは、「他を蔑まない」ということ。「売ると選ばれるの違いは何か」ということ。わざわざ劣るものを見つけてきて自分たちの優位を伝える必要はない。自分たちの誠実、自分たちの一生懸命、自分たちの想い、自分たちの物語。それを何度も繰り返し自らの口で伝え、実際に行動する。態度で示す。選ぶ側は、そこに違いを見出してくれようとする。それが商売人のマナーであり、在り方だと思っている。

好対照なふたつを伝えるときは、自分の価値を下げないように気を付ける

論理的に伝えようとするとき「雰囲気のいい会社はこうで、悪い会社はこんな風だ」と書く必要はあるか。「仕事のできる人はこうで、できない人はあんな風だ」と書いてしまう必要があるか。

事例を持ち出して説明するとき、好対照にあるふたつを並べて例示することは確かにわかりやすいのかもしれない。ただしそれは「この人はこんな風に人物を観察しているのだな」という両方の意味での人物評を与えられてしまう可能性がある。ただ純粋に「こんな風に仕事をしてくれる人って本当に気持ちいいですよね」というプラス方向の言葉だけで終わったとしても、その裏返しを聞き手は勝手に想像してくれるのに、だ。

プラスもマイナスも両方を伝えれば自らもマイナスになってしまうことがあるけれど、プラスだけを伝えれば行間のマイナスは勝手に相手が想像してくれて自分の評価がマイナスになることはないと僕は考えているのだけれど、それは甘いだろうか。極端な話をすれば、読まされる側の不快になる可能性は、両方を伝える場合と比較してぐっと低くなるように思っている。蔑む言葉、比べる言葉は、言われる対象だけでなく聞かされる相手にまで重たい。自分はそんな風に考えている。

理論がちゃんとあるならば、その余力で、不快にならない言葉の選び方をしてほしいと思う。人それぞれの考え方や生き方、テンポや立場を尊重してあげてほしいと思う。刃のような言葉がしんどくて、僕みたいに何をするのも遅くて失敗の多い人間には鋭く刺さってくることが多い。テンポの速い同士、テンポのゆっくりな同士と考えれば良いことを、テンポの違いを優劣と考えられてしまうのがビジネスだというならば、僕はやっぱり商売人で、ビジネスという言葉からは遠いところに生きているなぁと思う。

もちろん。

それを卑屈に思うことはこれっぽちもない、商売人であることは僕の誇りに違いないのだけれど。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

2行で伝える季節と景色。

雨で蒸して、太陽には焦がされる。暑い毎日が続いていて、気持ちのいい風が待ち遠しいところ。 今年もそろそろかな、と思っていたら、「ぼちぼち」でした。 暑中見舞いの制作のご依頼。 大阪のある料理店様から。 …

no image

こうありたい、と変わらない気持ちのまま。

6月は決算月。 どうしても数字が気になります。いろんな方の協力を得て、どうにか走り通して来た一年間。 感謝を、何らかの形で還元していきたいなぁと思います。 「こうありたい」と思う、自分の理想は変わらな …

ノルマという言葉を使う人の背中に。

「社員と心を通い合わせたかったら、一緒に風呂でも入れ!」 心さらけ出す、対等な立場での付き合いを主張するNさん。 なるほど、もっともな意見だ。 社員の立場だった時に「されて」イヤだったことは、自分が社 …

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

no image

上とか下とかじゃなくて【次】だと思う感覚のこと

「上とか下とかじゃなくて【次】なんだと思いますよ。りんごジュースの次がオレンジジュースなら可愛い。でもこれが高級ワインだと調子に乗ってるという人が現れてくる」 「インプットがインプットで終わるのは一番 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly