川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

CHAGEandASKAのファンクラブ休止 〜空はすぐ、こんなに青いのにね

投稿日:2014年7月20日 更新日:

「中の見える封筒はDMなどで効果的ですよ」「信書や大事な書類を送るときは透けない封筒で」なんて決まり文句は、全国のどこの印刷屋でも言ってるようなことなんだろう。

いつもは透明に届く彼らのそれは、今回ばかりは透けない封筒を使ってやってきた。「内容が内容だから、この封筒で」という会話があったのかどうかは知らない。すでにネットで承知していたこととはいえ、「ファンクラブの休止」という文字は、真っ黒なペンキになって胸の奥の写真たちを塗り潰していく。通い慣れた校舎がなくなる感覚に似ているのかもしれないと思った。

複数は、一つの対象に向かうとき、一つの空間に集うとき、他人という関係で影響しあう。それがあったから出会えた人もいれば、今回のこれがあって剥がれてしまった人もいる。この関係は奇跡で、脆くもあるのだということ。僕たちはいつも、千切れかけた綱を頼って川を渡り、糸のような弱さの繋がりで伝達しあってる。

雨の直前、風が来て夏の海岸、パラソルは飛んで人たちが逃げて行く様子を眺めていた。晴れたら、また、ここには人が集う。では、僕たちはいつ、晴れるのだろうと、破った封筒を手にしながらずっと考えていた。空はすぐ、こんなに青いのにね。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

iPhoneからテスト送信。

写真アップのテスト。 食わねばツアーに備えて。

no image

病院に「つながれて」旅立つのではなく。

「管(くだ)を外しますか、それとも繋いだままにしておきますか」 医師は辛い選択を迫る。おじいちゃんは、もうすぐ旅立とうとしている。 夏に倒れて以来、意識が戻ることなく病院に「繋がれた」ままであった祖父 …

no image

日曜日よりも、土曜日の放課後の方が待ち遠しかった ~ご褒美を想像する

日曜日よりも、土曜日の放課後の方が待ち遠しかった ―― この感覚は、同世代の人たちには共感していただけるのだけれど、完全週休二日制の時代を生きた僕より下の世代の人たちにはなかなか理解してもらうことがで …

追い風なのだという確信に変わるまで ~リレーマラソンへの挑戦

8月の終わりにリレーマラソンに参加してみようと思って、今日はその練習に参加してきた。 みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)へ行こう|神戸三ノ宮南地域・都心の新たなにぎわい事業 さすが専用に整備され …

no image

誰かの残り時間をいただいて生きている ~福島に帰る犬たち

「あぁ、ご病気なのですね。快癒をお祈りしておきます」 「受験ですか! どうかうまくいきますように」 言葉にしてしまった以上、それを意識しないでおくのも気が引ける。覚え書き程度の一覧を作っておいて、神社 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly