川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

駐車場のおじさんとした約束に、僕はまるでメロスになったようだよ

投稿日:

ずっと続いている目の痒み、クシャミ。我慢出来なくて掻いてばかりいると、とうとう瞼が腫れてきてしまった。

土曜日の朝の眼医者さんは大人気。駐車場には管理人のおじさんがいて停める場所がないことを僕に告げる。

「停める場所、ないですか」
「ないんだよー」
「僕の目の痒みも止まらなくて」
「そうなのか」
「がんか」
「ん?」
「いや、なんでもないです」

途方に暮れてしばらく困った顔を浮かべてみる。するとおじさんは、僕に優しい声で耳打ちしてくれた。

「治療が終わったらすぐに帰ってきてくれるかい?」
「勿論ですよ」
「だったら、ここに停めたらいい」
「医院だけに?」
「ん?」
「いや、ほんとにいいんですか?」
「君を信じて待っているとも」

そう言っておじさんは、本来関係者だけが停めていい場所に僕の車を誘導してくれた。僕はそう、いま、メロスになったんだ。

待合室の行列、呼ばれるまでのまだまだ。

だけど僕は必ず帰る、おじさんのところに。「もう痒みはなくなりましたから」その喜びを一番に伝えるために。おじさんの優しさに報いるために。

「ちゃんと帰ってきてくれたんだね」
「それが僕のeye(愛)ですから」

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

水車。

廻って廻って涼しんで。

12月の神戸市内駅前掲示板キャンペーンは、犬と猫への。

毒をもって毒を制す。 風邪ひきさんの真夜中の外出は、やっぱり素足とサンダルに限ります。このぴりっとした寒さがたまらない。 明日こそ、明日こそはきっと咳からも解放されるはず。 自宅でのんびり仕事しながら …

わお。

広い。

すげー!おでんの自動販売機!!

たまげました。

あまりにジュニアが歩いてくれないので。

鯉に餌をやっています。 不気味なくらい集まってきます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly