川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

駐車場のおじさんとした約束に、僕はまるでメロスになったようだよ

投稿日:

ずっと続いている目の痒み、クシャミ。我慢出来なくて掻いてばかりいると、とうとう瞼が腫れてきてしまった。

土曜日の朝の眼医者さんは大人気。駐車場には管理人のおじさんがいて停める場所がないことを僕に告げる。

「停める場所、ないですか」
「ないんだよー」
「僕の目の痒みも止まらなくて」
「そうなのか」
「がんか」
「ん?」
「いや、なんでもないです」

途方に暮れてしばらく困った顔を浮かべてみる。するとおじさんは、僕に優しい声で耳打ちしてくれた。

「治療が終わったらすぐに帰ってきてくれるかい?」
「勿論ですよ」
「だったら、ここに停めたらいい」
「医院だけに?」
「ん?」
「いや、ほんとにいいんですか?」
「君を信じて待っているとも」

そう言っておじさんは、本来関係者だけが停めていい場所に僕の車を誘導してくれた。僕はそう、いま、メロスになったんだ。

待合室の行列、呼ばれるまでのまだまだ。

だけど僕は必ず帰る、おじさんのところに。「もう痒みはなくなりましたから」その喜びを一番に伝えるために。おじさんの優しさに報いるために。

「ちゃんと帰ってきてくれたんだね」
「それが僕のeye(愛)ですから」

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

2009年を振り返って – 失ったカタチ、得たココロ。

さて、12月31日。 今日の夜は、関ジャニ∞のカウントダウンコンサートに行ってきます。女の子ばかりの中に、おっさんが交じると、「え、ダフ屋?」的雰囲気爆発。 開き直って楽しんでくることが出来ればいいん …

美味しそう。

もとい、可愛い。

no image

星野監督の訃報 ~周囲に優しく、本人に厳しい、見習いたかったリーダーシップ

人生で一番野球を見たのは、星野さんが阪神の監督だったときで、明石出身の藤本選手が恐怖の8番打者として活躍していたころでした。 星野仙一取締役副会長永眠に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス 星野仙一取 …

no image

人見知りの激しい僕が、人前で目立つ行動をとろうとする理由

自分を殺して、役割に徹して泣いて、それでも雰囲気に貢献出来ている何分の一かを感じられると、幸せだなぁと思える。過ごした時間に面影という思い出を添えあって生きていく、関わりは難しいけれど、関わりがなくて …

足らずばかりを埋めるこれから。

川柳誌の選後欄は、選者が何故、その句を選んだのか選ばなかったのかを知ることの出来る貴重なスペース。その欄を目一杯使って選のあり方を批判するのであれば、最初から関わらないという「選」でも良かったのではな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly