川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど/石川啄木

投稿日:

かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど
石川啄木
一握の砂

血圧や呼吸、心拍を伝える集中治療室のモニター。僕たちは父の顔をみて危機を知ったのではなく、赤くなった数字の色と響き渡る電子音によってその状態にあることを知ることになる。医師たちの真剣な表情と動作のひとつひとつに緊張が走った。

ドラマならここで「死ぬんじゃない」と声を出すのだろう。現実にはこの場面、僕たちは何の声もあげることができない。「死ぬなよ」と伝えることは「死にそうなんだ」と自分がそう思っていることを認めてしまうことになる。「ドラマじゃあるまいし簡単に人を殺すんじゃない」とあとで笑われそうで、しばらくは黙って見守っている。まさかそんなはずはないと心に言い聞かせて、右手と左手、潰れそうなくらいにぎゅっとして待っている。

やがて心臓マッサージが始まる。ここで僕たちは絶叫を始めた。亡くなった直後に書いた日記で、僕はその様子を「病院に響き渡るくらい」と表現している。死んでほしくなかったし、死ぬはずはないと思っていた。だからまだ、この段階でも照れがあって、生きている間に伝えるべきひとことを残してしまった。僕はいまもずっとその後悔と生きていて、死んだら一番に謝って、そしてちゃんと伝えようと思っている。その日までをちゃんと生きていこうと思っている。

伝えて変わることもあれば、伝えたところで事態に変化は生じないこともある。それでも、伝えて軽くなることならば言葉にするべきだし、伝えられて嬉しいたった二文字は、ちゃんと受け止める方がいいんだろうって思ってる。胸に残して詩に歌い続けたところで、あの日、声にできなかった後悔にはずっと勝てない。

何年かが過ぎて、色褪せるものではなくて。過ごした日々の輝きばかりが増していく。だからこそ余計に、臆してはならない二文字。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない/小島ゆかり

忘れてはならぬ何かを念のため記したはずのあのメモがない 小島ゆかり 純白光 短歌日記2012 忘れっぽい人のことを集中力や意識の問題だと決めつけていた時期があった。心身の不調で、辿ることのできない記憶 …

[短歌鑑賞]あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい/東直子

あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい 東直子(twitter) 十階 短歌日記2007 荷を背負ったままで走りきれるわけがないのに、まるで命よりも重たいものであるかのように抱えて …

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。 夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色 …

[短歌鑑賞]ならべるとひどいことばにみえてくる頑張れ笑え負けるな生きろ/岡野大嗣

Amazonでサイレンと犀を購入すると、特典に安福望さんのポストカードがついてきた。安福望さんはこの本の装画と挿し絵を描いている方で、神戸の西の方、多分きっと明石に近いところに住んでいると思われる。 …

[短歌鑑賞]Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる/天道なお

Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる 天道なお(twitter/blog) NR 何年も通った校舎の前にいて、もう同じように帰ることはできないことを思って苦しくなる、こんなに。 賑 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly