川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること

投稿日:

先日ブランディングに関する講演をしてほしいと依頼を受けた。

shop

ブランドや企業の価値なんてものはお客様が決めるものだと思っているし、意図して創り出そうとする虚像は打算的で下心が見え隠れする。芯を決めて誠実に取り組み続けた結果のお客様の反応がブランディングであって、座学の先に幸せになるお客さんやお客さんのお客さんの姿がどうにも見えにくい。妖怪ウォッチと同じで、ブランディングという知識を生業としたい人と、ブランディングという響きに期待を抱く層の一過性の流行なのかなという気がしている。

「SEO対策をいかがですか?」という営業の電話に「SEOが得意なら、どうして電話営業をする必要があるの?」と問い返すのは当然のことで、ブランドの確立されている企業ならば「ブランディングとは」なんてことは決して語らない。ブランディングを手段とする人にヒントを求めるのか、ブランドを確立している会社に答えを求めるのか。その時点で、もう、企業価値創造のスタートラインには大きな差が生まれているのではないだろうか。

さて、ブランディングに関する講演依頼を断った僕がお伝えしたことは一つ。

「どこの商店街でもいいです、その商店街を歩いている人たちにインタビューしてみてください。この商店街で人気のあるお店はどこですか。どうしてそのお店は人気があるのですか。それを繰り返し繰り返しやってみてください。僕みたいな人間の話を聞くよりも、お店の良さをちゃんと認識している人たちに耳を傾けて理由を考える。その積み重ねの方が有益ですよ」

そして、道行く人たちに自分の会社やお店がその対象として答えてもらえるようになることが、商売をしていくことの本筋なのではないかなと思っている。企業やお店の価値はお客様が決めるもの。利はあとに、想いはさきに。カタカナに揺れるよりも僕は、商売人として生きていけるようでありたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

神戸で販促なら、神戸で一番「さん付け」をされるようになったマーケティングに強い会社に頼んでみる

タイトルは釣り。でも本音。 販促の相談をしてこられるお客様は、金銭的にも精神的にも余裕があるわけではない。こちらが拘束される時間に対してのフィーを請求することが本来かもしれないが、その成果に対してバッ …

no image

上とか下とかじゃなくて【次】だと思う感覚のこと

「上とか下とかじゃなくて【次】なんだと思いますよ。りんごジュースの次がオレンジジュースなら可愛い。でもこれが高級ワインだと調子に乗ってるという人が現れてくる」 「インプットがインプットで終わるのは一番 …

no image

プライドは大切にして、なれど、他を蔑むことなく

どちらか一方の主張だけを聞いて事実を判断するのは良くないことだとわかっていて、あえてこの記事を引用するのは「自分も同じような経験を何度もしたことがあるのでよくわかります、わかりますとも」という共感を届 …

突然社長が死んでしまうことを想定した中小企業の組織論 ~出来ることをやらない覚悟

僕が小学生だった頃に父が発症して、医師からは「生きている人間の数値ではない」と言われたことを覚えている。眠れなくて布団をかぶると「死んで柩のなかに閉じ込められるのはこういう感覚なんだろうか」と思って苦 …

no image

「一流でもないくせに相手を一流にしてみせますよ、なんてセミナーをやってしまう三流のための二流になれる営業セミナー」を開催したらどんな反応があるだろうか

「一流の営業マンになれるセミナーですよ、ぜひお越しください」という招待を受け取る僕は、つまり一流ではないわけで。しかしながら、本当の一流営業マンならば、万が一にも相手を(自分は一流ではないんだなぁ)な …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly