川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること

投稿日:

先日ブランディングに関する講演をしてほしいと依頼を受けた。

shop

ブランドや企業の価値なんてものはお客様が決めるものだと思っているし、意図して創り出そうとする虚像は打算的で下心が見え隠れする。芯を決めて誠実に取り組み続けた結果のお客様の反応がブランディングであって、座学の先に幸せになるお客さんやお客さんのお客さんの姿がどうにも見えにくい。妖怪ウォッチと同じで、ブランディングという知識を生業としたい人と、ブランディングという響きに期待を抱く層の一過性の流行なのかなという気がしている。

「SEO対策をいかがですか?」という営業の電話に「SEOが得意なら、どうして電話営業をする必要があるの?」と問い返すのは当然のことで、ブランドの確立されている企業ならば「ブランディングとは」なんてことは決して語らない。ブランディングを手段とする人にヒントを求めるのか、ブランドを確立している会社に答えを求めるのか。その時点で、もう、企業価値創造のスタートラインには大きな差が生まれているのではないだろうか。

さて、ブランディングに関する講演依頼を断った僕がお伝えしたことは一つ。

「どこの商店街でもいいです、その商店街を歩いている人たちにインタビューしてみてください。この商店街で人気のあるお店はどこですか。どうしてそのお店は人気があるのですか。それを繰り返し繰り返しやってみてください。僕みたいな人間の話を聞くよりも、お店の良さをちゃんと認識している人たちに耳を傾けて理由を考える。その積み重ねの方が有益ですよ」

そして、道行く人たちに自分の会社やお店がその対象として答えてもらえるようになることが、商売をしていくことの本筋なのではないかなと思っている。企業やお店の価値はお客様が決めるもの。利はあとに、想いはさきに。カタカナに揺れるよりも僕は、商売人として生きていけるようでありたい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

iPhoneやスマホの画面サイズが大きくなって見えた傾向とマーケティングの戦略と

ケータイ電話のなかった頃は、晩になってから友だちの家に電話するのはとても躊躇われた。 技術の進歩で行動様式が変わると、これまでの常識は一気に変化していく。自分たちのようなコンテンツクリエイターは、常識 …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

no image

グーグルマップで「会社名」だけで表示されて満足していてはならない。お客様は「商品」「サービス」を求めている

Googleマップで「ブロガー名刺」「神戸 名刺」と検索してみる。Googleの検索結果はもちろん、マップでも同じように上位で表示されるのは嬉しい。 「前川企画印刷」という会社名で検索をされる方は、す …

no image

雨降って地固まるという結果論ではなく、降った雨で地を固めるという意思

雨降って地固まるという結果論ではなく、降った雨で地を固めるという意図的な振る舞いが必要なこともある。 起きていることにすべて意味があるのだとすれば、「もうこれで何もかも終わった」と悲観的な気持ちになる …

no image

相性や縁、タイミングを自助努力で高めていくために必要な「足繁く」

管理を請け負っているサーバのなかで、肥大化し続けている謎のデータベースファイルがあった。(いつか原因を突き止めよう…)と思ったままに放置していたものを今日になって片付けることができたのが嬉しい。使って …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly