川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

神戸の前川企画印刷の中尾くんのブログ「売るのではなく選ばれる」

投稿日:

社内でもブログでも、商売に大切なことは売るのではなく選ばれることだと何度も語り続けている。

商売を真摯に取り組むのは当たり前のこと。それは差別化にはならない。とはいえ、優位であるポイントを伝えて差別化を図ろうとすると、他を蔑む問題との矛盾で苦しむことになる。だから、インプットの数だけ、アウトプットを継続する。旗を振るというのはそういうことで、継続には人を巻き込んでいく力があるのだと信じている。

引用元:商売とは選ばれること。差別化とはアウトプットを継続すること。クレーム処理で片づけないこと。 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

「経営者的思考を持て」と言われたところで、立場が違えば容易なことではない。ただ、どんな職業もサービス業であるとすれば、商売の本質を自分なりに考えていくことは誰にでも出来るし、誰だってやらなければならないことだ。時間の切り売りという意識から脱却できず、いつまでも会社や世界の世界にしていてはひとを幸せにすることはできない。

僕は経営者として、今まで甘えと依存を許していたのだと思う。そうすることが経営者としての責任だと考えていた。

ただそれは優しさに見える残酷だったと考えを改めるようになる。失敗して成長できるチャンスを何度も与えることは経営者の仕事だと思うものの、動こうとしない成長しようとしない怠惰な姿勢には厳しさも持たなければならない。挑戦した人間が成長して、それに報いる仕組みと制度を採用していく。経営者として10年目を迎えた僕の、大きなテーマの一つになっている。

営業ツール お客さんに笑顔を。売りのないレターが共感と信頼に繋がっていく。 | さるの独り言

うちの会社の中尾くんがセミナーに参加して、そのアウトプットを早速ブログにアップしていた。

彼は彼なりに、どんな風に「選ばれる」人間になっていくのか。僕はそれを見守っていきたいと思うし、期待したい。彼らの本気を信じてる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

高田純次さんに憧れる僕の「売るのではなく、選ばれる」生存戦略

とても頭の良いお客さんがいて、どんな会話でも気の利いた返事をしてくれる。頭の回転が速すぎて、早死にしてしまうのではないかと心配になるくらいに。こんな風になりたいと思って、僕はいつも高田純次さんの動画を …

アヒルたちに学ぶ差別化のための自己開示

ベンチに座って遠くを眺めているだけで、アヒルたちは期待の顔をして近付いてきてくれる。 ベンチに座るのは、何かを与えてくれる優しい人たちだということを知っているのだろう。あいにく、何も持ち合わせていない …

no image

咄嗟に出るひと言、一瞬で伝わる人の本質

名言のようないいことは、落ち着いたときに考えて書ける。一方で言動は咄嗟に出る、出さなくちゃいけない。その違い。一瞬に人の本質が出る。一瞬で人の本質は見透かされる。一瞬の価値を忘れてはいけない。一瞬の価 …

トホホの帰り道。

大量納品に来たのに、守衛さん。 「今日は休みだよ☆」 トホホ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly