川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

批判には世界を変えるチカラがあるけれど、ひとの名前を呼び捨てにするのは勿体ない

投稿日:

twitterやFacebookが一般的なものになって、いろんな意見に触れることが出来るようになった。テレビや雑誌、メディアというフィルターを通じてしか世界の考え方を知ることができなかった時代を思えば、今は良くも悪くも「人それぞれ」の考え方に出合える。「いろんな意見のひとつ」である僕の持論は誰かに否定されたくはないし、「いろんな意見のひとつ」である誰かの考え方は尊重したいと思う。感情が乱れるときは自分のモノサシと比較して、周囲の善し悪しを考えようとしている傾向が強い。だからお題目のように唱えるのが人それぞれという言葉なのである。

僕は僕たちは誰かの善悪を判断できるほど偉くはなくて、過ちの数だけチャンスを与えられて生きてきた。

引用元:傷付きやすい人の心を想像することが出来ないのであれば、傷を付けやすい自分の言動であることを自覚する | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

批判は言論の自由だし、批判されることで自浄作用の働く職域の方もいる。できるだけ政治や芸能の話を表現の世界ではしないように努めているつもりだが、もし、僕が正義の顔をして誰かの何かを指摘することがあるならば、人の名前を呼び捨てにはしないという最低限のマナーは守りたいと思う。名前を呼び捨てにした意見や考え方は、論というよりも感情の塊のような印象があって、残念な気のすることが多い。批判には世界を変えるチカラがあると思う。だからこそ、それを論に昇華させるための冷静な論じ方というものを大切にしていきたい。

うちの会社では、自分しか見ることのないメモ書きであってもお客さんの名前に敬称をつけることを徹底させている。また、クライアントという呼び方ではなくお客さんという呼び方を徹底することも、自分たちが優位劣位にあると勘違いさせないためである。商売はいつも水平な立場で行わなければならない。

名前に敬称をつける。呼び捨てにはしない。教室で教わったはずの簡単なことができない大人やリーダーのことを、子どもたちや従う人間たちはどんな風に捉えるのか。意見を世に放ちやすくなったということは、即ち、人に見られやすくなったと同義である。世界の考え方に違和感を覚えたとき、まず、己はどうであるかということを自問自答できるようでありたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

ロボット大図鑑。

@明石文化博物館 ロボット、かっくいー。

gooブログをWindows Live Writerから更新してみるテスト。

Windows Live Writterからblog更新への挑戦。 画像ってどんな風にアップされるんだろう? イメージしている通りに表現されたら、画像との連携が楽しくなるんだけどな。 さて。

no image

僕は相も変わらず、41歳を生きていきます

41歳になった翌日は、車は傷付くわ、頭上には台風の目がやってくるわ、散々な一日だった。 段差を走行していたら、車の底面のカバーみたいな奴がめくれた。受難続きなのである。 — 西端康孝 / …

読破、そして次なる読書。

半落ち(横山秀夫)。 狂ったように本を読んでいます。入り込めると、その時間は辛いことを考えないので済むのがいい。 何か生きるヒントを得られるでしょうか。 そうでありたいな。 さて、まだ帰りたくない今夜 …

経営理念と行動指針がリンクして、差別化に繋がるということ

2014年から、経営理念を「伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する」に改めた。 印刷業は手段のひとつ、印刷屋という看板はお客さんが戸を叩きやすくするため。その戦略と目的を軸に置きながら、行動をリ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly