川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

結果とプロセスの両輪があって、組織は強くなっていく

投稿日:

年齢の離れた先輩の意見で方向が決まってしまう議論は退屈だけれど、近い年齢同士で正解のないことを語り合うのはとても面白い。

たとえば僕は、経営者向けのイベントを考えるときに「経営者といっても意識の高い人ばかりであるとは限らない」というスタンスで考える。この考え方に同調してくれる人もいる一方で「経営者だから、これくらいのことは理解しているはずだ」という意見をぶつけてくださる方もいる。それぞれの考え方や想定の仕方が異なって議論が始まると「ならば、こういう風にすればどうだろう?」という新たなアイデアが生み出され「しかしそれでは浅くて広くて、深くはならないのではないか」と意見が重なっていく。建設的。こうやって煮詰めたものだからこそ「皆で成功させよう」という雰囲気が生まれる。そして役割に沿って行動が始まる。

結果だけでもなく、プロセスだけでもなく、プロセスに仮説があって結果を出していく。小さくても組織でありたいと願っている僕は、自分の会社でも同じような雰囲気を作っていきたいと思っている。「誰をどうしたいのか」という想い、それを自分の言葉で表現してほしい。ホワイトボードを使って論理的に感情的に伝える訓練。習慣にして、想いを物語にするチカラを育む。結果に繋げていく論理性と予算、時間管理の方法をしっかり身につけてほしい。

そんな自分の願いがどこまで浸透しているかは、自分たちの息遣いを伝えようとする彼らの姿で確かめてみてほしい。「本気でやっているね」という声が聞こえてくるようになれば良いが、スクリーンのこちら側に、さてその表情はどんな風に映るのだろう。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

「雨が止むのを待ってからでは遅すぎる」「ほんの助詞の違いで」

「自分はこんなにすごいんですよ」がビジネスで、「自分はこんなにすごいんですよ」と言いたくなる場面で「○○さんのおかげで今の自分があります」と言えるのが商売なのだと思う。 ▼ 止まない雨はないけれど、雨 …

no image

社長と大喧嘩して、自分が社長をやることになった ~事務所移転に寄せて

1月27日、事務所移転。たくさんの方からメッセージや花、お酒、お菓子などのお祝いをいただいた。激励をカタチにして伝えようとしてくださる、おひとりおひとりの気持ちが本当に嬉しくて有り難い。 その当時のこ …

no image

販促屋のためのビジネスか、お客さんのための商売か。ビジネスと商売の違い。

お客さんの広報や販促のお手伝いをしていて、極力、自分のブログやSNSでその付き合いを見せないようにしているのは、お客さんのしていることがお客さんのお客さんのために行っている誠意であり本質であることを感 …

no image

思い込みと驕りを捨てるべきであるという反省

問題を切り分ける能力のある人のことを尊敬する。 ちゃんと英語が読めていたら10秒で解決したことに3時間を要した。読めなくて読めなくて読めなくて辛いよ。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@ …

no image

名刺は渡すものではなく■■するもの ~売るのではなく、選ばれるために大切なこととは

ひとにオススメしたくて仕方のないものを「絶対いいから」「あなたに超オススメ」だなんて言ってしまっては、途端に怪しい宗教のような色を醸し出してしまう。結果的にその「モノ」なり「コト」なり「ヒト」は、「良 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly