川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

結果とプロセスの両輪があって、組織は強くなっていく

投稿日:

年齢の離れた先輩の意見で方向が決まってしまう議論は退屈だけれど、近い年齢同士で正解のないことを語り合うのはとても面白い。

たとえば僕は、経営者向けのイベントを考えるときに「経営者といっても意識の高い人ばかりであるとは限らない」というスタンスで考える。この考え方に同調してくれる人もいる一方で「経営者だから、これくらいのことは理解しているはずだ」という意見をぶつけてくださる方もいる。それぞれの考え方や想定の仕方が異なって議論が始まると「ならば、こういう風にすればどうだろう?」という新たなアイデアが生み出され「しかしそれでは浅くて広くて、深くはならないのではないか」と意見が重なっていく。建設的。こうやって煮詰めたものだからこそ「皆で成功させよう」という雰囲気が生まれる。そして役割に沿って行動が始まる。

結果だけでもなく、プロセスだけでもなく、プロセスに仮説があって結果を出していく。小さくても組織でありたいと願っている僕は、自分の会社でも同じような雰囲気を作っていきたいと思っている。「誰をどうしたいのか」という想い、それを自分の言葉で表現してほしい。ホワイトボードを使って論理的に感情的に伝える訓練。習慣にして、想いを物語にするチカラを育む。結果に繋げていく論理性と予算、時間管理の方法をしっかり身につけてほしい。

そんな自分の願いがどこまで浸透しているかは、自分たちの息遣いを伝えようとする彼らの姿で確かめてみてほしい。「本気でやっているね」という声が聞こえてくるようになれば良いが、スクリーンのこちら側に、さてその表情はどんな風に映るのだろう。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

話をしながら、瞳をのぞく。理解はどうか、熱は伝わったか、未来を見たか、自ら動くか。

これから決算書を作っていく必要はあるものの、会社として、ひとつの期を終えることが出来た。生き残ることが出来た。そして七月一日。経営者として10年目となる新しい一年が始まる。 SWOT分析なんて言葉があ …

no image

商売人はエンターテイナーであるべきか ~経営者の当たり前はお客さんの当たり前ではない

「さすがは経営者同士だと話が早い!よくわかってくれる!」 そう感じることも多いのだけれど、それは味方をしてくれる場所を知っていて、自分を正当化するために持ちかけているのかもしれない。経営者にとっての当 …

no image

初物の金額にケチをつけるような、無粋な真似はしない

セミは虫たちに主役を譲って、月は歌われるための顔をして宙に浮かぶ。最高気温が30度を超えない日が続くのを天気予報で見つけると、本当に夏が終わっていくんだなぁという感慨を覚える。 延長戦のような夕方から …

no image

かかりつけ医! 神戸市長田区の、オススメ!

我が社の顧問医師、田中診療所の田中先生が事務所にやって来て下さいました。 わざわざ差し入れまで持って・・・。暑い中、本当にどうも、ありがとうございます。 とても気さくな先生。自らもサッカーをされ、ヴィ …

no image

社長と大喧嘩して、自分が社長をやることになった ~事務所移転に寄せて

1月27日、事務所移転。たくさんの方からメッセージや花、お酒、お菓子などのお祝いをいただいた。激励をカタチにして伝えようとしてくださる、おひとりおひとりの気持ちが本当に嬉しくて有り難い。 その当時のこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly