川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

結果とプロセスの両輪があって、組織は強くなっていく

投稿日:

年齢の離れた先輩の意見で方向が決まってしまう議論は退屈だけれど、近い年齢同士で正解のないことを語り合うのはとても面白い。

たとえば僕は、経営者向けのイベントを考えるときに「経営者といっても意識の高い人ばかりであるとは限らない」というスタンスで考える。この考え方に同調してくれる人もいる一方で「経営者だから、これくらいのことは理解しているはずだ」という意見をぶつけてくださる方もいる。それぞれの考え方や想定の仕方が異なって議論が始まると「ならば、こういう風にすればどうだろう?」という新たなアイデアが生み出され「しかしそれでは浅くて広くて、深くはならないのではないか」と意見が重なっていく。建設的。こうやって煮詰めたものだからこそ「皆で成功させよう」という雰囲気が生まれる。そして役割に沿って行動が始まる。

結果だけでもなく、プロセスだけでもなく、プロセスに仮説があって結果を出していく。小さくても組織でありたいと願っている僕は、自分の会社でも同じような雰囲気を作っていきたいと思っている。「誰をどうしたいのか」という想い、それを自分の言葉で表現してほしい。ホワイトボードを使って論理的に感情的に伝える訓練。習慣にして、想いを物語にするチカラを育む。結果に繋げていく論理性と予算、時間管理の方法をしっかり身につけてほしい。

そんな自分の願いがどこまで浸透しているかは、自分たちの息遣いを伝えようとする彼らの姿で確かめてみてほしい。「本気でやっているね」という声が聞こえてくるようになれば良いが、スクリーンのこちら側に、さてその表情はどんな風に映るのだろう。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

失敗の数を誇れ、失敗に向かえ

変わろうとしないことは論外で、変わったという武勇伝は面倒で、だから、変わろうとしているという「もがく」姿を見せていくことは重要なんだ、という話をした。 うまくやろうとすることよりも、溺れている自分でい …

小学校の看板に動く感情 〜論を語る相手よりも己の失敗を笑って話せる人と

「どんなことでも逃げないで向き合うことが大事だよ」という勇気を促す看板に「早寝早起き朝ご飯」という文字が添えられている。 予算の関係か、どうせ余白があるのならと誰かの意思が働いたのかはわからない。わか …

no image

布団で眠りたいから「任せる」ことに挑戦してみようと思う

いままで全て一人で抱えていた仕事の一部を、外の方にお願いすることにした。 利益の薄いなか、外注費で削られるのは勿体ないという考えもあったけれど、これで時間を買うことができた、未来に投資する時間が持てた …

経営理念と行動指針がリンクして、差別化に繋がるということ

2014年から、経営理念を「伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する」に改めた。 印刷業は手段のひとつ、印刷屋という看板はお客さんが戸を叩きやすくするため。その戦略と目的を軸に置きながら、行動をリ …

花も団子もあって、新しい事務所で捗るAIDMAの法則

お祝いの花に包まれながら、差し入れのシュークリームをいただく。ブログでシュークリームを連呼すれば夢は叶うことを知った。今度はパンナコッタを連呼してみよう。 新調したホワイトボードで社内授業。 AIDM …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly