川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

お客さんは見せかけの安さよりも実質的なコストパフォーマンスを意識する

投稿日:

契約書でもお客さんとのメールのやり取りでもそう。

僕は「ただし※※に限ります」という表現の仕方はしないようにお客さんにアドバイスをしている。お客さんは自分にとってメリットになる言葉と同じくらい、小さな文字で書かれた但し書きを見ているものだ。

たとえば僕たちが「食べ放題1,980円〜」と書かれた店を見た時、どんな印象を抱くだろう?1980円という値段で限定されない金額のことを意識するのではないだろうか?実際にとあるお店で「1,980円〜」と書いた場合と「2500円ぼっきり」という表記で比較実験を行ったところ、後者の方がリピート率も客単価もはるかに高くなるという結果を得た。

お客さんは賢い。見せかけの安さよりも実質的なコストパフォーマンスを意識するということを決して忘れてはならない。

商売は誠実でなければならない。但し書きの多い表現と自己主張は、お客さんを疑ってかかるもので対等な立場のそれであるとは思わない。

ギブアンドテイクではなくキブアンドギブの姿勢で与え続ける。それが商売の本質であり、人柄の表現、流行りの言葉で言えばブランディングであると思うのは僕の青さだろうか。

否定されたとて、この青さ。僕の商売人としての矜持であつて、誰に歪められるつもりもないものではあるけれど。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

相手を許せなくて苛立ってしまうときは、クマの着ぐるみを着た犬の動画で癒されることにする

「神戸は海と山が近くて素敵ですね」と言われるたび「こんな小さな街なので、人間関係を上手にやっていかないと商売は途端に立ち行かなくなります」と答えている気がする。 信頼と実績を積み上げていくのに必死だし …

no image

「リスクとリターンの考え方 ~副作用を肯定する」「羨んだり妬んだりの場所にいる僕のまだまだ」

つれづれにメモしていたこと ▼ 投資を十何年とやり続けてきて自分の経験値になったのがリスクとリターンの考え方だ。リターンにはリスクが伴う。したがって僕は「副作用のない何か」というものよりは「副作用はあ …

no image

売ると選ばれるの違い ~商売は一日にして成らず

たとえばうどん屋さんが、「うちのうどんはオススメですよ」と毎日ネットに書いていたとする。 足を運んでほしくて伝え続けていたのだとしても、読んでいる側は「読まされている」のであり「売り込まれている」わけ …

ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと!

ブロガー名刺、始めました、始めちゃいます。 送料だの消費税だの面倒なのは嫌いなので、1,000円ジャストで。 会社の知名度をあげるための、話題作りの一環として(※2014/4/1以降、消費税は外税とさ …

no image

お客さんの根っこに関わるということは、お客さんの喜怒哀楽も一緒に背負うということで

お客さんの数が増えて、お客さんの根っこ(売上や利益)の部分に深く関係していくようになるということは、その分だけ、目標や問題に一緒に向き合っていくということで、とても疲れるし、喜怒哀楽の様々を背負い込ん …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly