川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

お客さんは見せかけの安さよりも実質的なコストパフォーマンスを意識する

投稿日:

契約書でもお客さんとのメールのやり取りでもそう。

僕は「ただし※※に限ります」という表現の仕方はしないようにお客さんにアドバイスをしている。お客さんは自分にとってメリットになる言葉と同じくらい、小さな文字で書かれた但し書きを見ているものだ。

たとえば僕たちが「食べ放題1,980円〜」と書かれた店を見た時、どんな印象を抱くだろう?1980円という値段で限定されない金額のことを意識するのではないだろうか?実際にとあるお店で「1,980円〜」と書いた場合と「2500円ぼっきり」という表記で比較実験を行ったところ、後者の方がリピート率も客単価もはるかに高くなるという結果を得た。

お客さんは賢い。見せかけの安さよりも実質的なコストパフォーマンスを意識するということを決して忘れてはならない。

商売は誠実でなければならない。但し書きの多い表現と自己主張は、お客さんを疑ってかかるもので対等な立場のそれであるとは思わない。

ギブアンドテイクではなくキブアンドギブの姿勢で与え続ける。それが商売の本質であり、人柄の表現、流行りの言葉で言えばブランディングであると思うのは僕の青さだろうか。

否定されたとて、この青さ。僕の商売人としての矜持であつて、誰に歪められるつもりもないものではあるけれど。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

喜んでほしい、笑ってほしい、楽しんでほしいという一心は、遠回りをすることはあっても、必ず届くんだね

無から有を創り出すクリエイターの方々の話を聞くと「よーし自分も」と行動のエネルギーをもらうことができる。数字だとか人間関係だとか、生々しいリアリテイに追われる日常ではあっても、生き方の姿勢には商売を営 …

絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会

「絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会」を社内で実施。こういうことって反面教師にして考えたほうが、経営者じゃない側には分かりやすいと思う。 6月末が決算。ここまで、何が出来て …

no image

想像して、創造する。そして、伝えるための言葉を選る。

それを贈りたいと思ったお客様が、そのまた向こうの誰かにどんな風に渡したいかと想像し、贈られた方はどんな風にそれを飾りたいと思うのか、想像する。ここは分析や手法の出番ではないよね。僕はそんな風にして、お …

no image

お客様のひとつひとつを記憶に残して。

同友会神戸西支部の例会に参加。 経営者の集まり、勉強会であるこの場では、毎回の報告やバズセッションなどを経て、モノの考え方を学ぶのみならず、「話し方の工夫」も感じ取るように心がけている。 自分の立場、 …

関西で商売をする人がチラシやポスターを制作するときに心がけてほしいこと

一目でチラシの内容がわかってしまうことが良い場合とダメな場合とがある。 これとかオケのチラシではない感がある https://t.co/GlBgKbLQGO — ぱろすけ (@parosk …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly