川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ

投稿日:

自分のブログを「商売」で検索してみる。父の背を見て育った僕が商売人であることを誇りに思って書き続けていることがよく分かった。唯一この点だけは、ブレてないのだなぁと我ながら感心する。

ビジネスと商売は違うということ、利益は尻尾についてくるのだということ。このあたりの話を人前ですると、いつも噛みついてくる人がいる。僕の信念なのに、だ。だからなんとなく、それは経営者たちの集まる場で伝えてはいけないことだと思い込んできた。僕は商売人、彼らは経営者。生まれ育った土壌が違う。僕は商店街にいて、彼らはビルのなかにいる。いつもそういう壁を感じてしまう自分がいた。

ただ、読み返していて、改めて思う。僕はこの信念で、会社を守り続けてきた。経営者という立場であっても、根っこにあるのは商売人の義である。そしてそれは、父の商売人の在り方に学んできたものだ。噛みついてくる人がいるのだとすれば、それは父を否定されていることになる。だったら父と一緒に噛みつき返してやればいい。そんな風に考えていると、気が楽になった。僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ。

考えすぎて深みに落ちたとき、やっぱり救い出してくれるのは父で、その存在を忘れて僕は僕の生き方を語ることはできない。何年も前に亡くなってしまった父のことだからと躊躇せず、何年未来にいても父といる自分のことを恥じることなく、言葉にしていきたい。何度も言う。僕は商売人の父の背を見て育った。僕は父といる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

no image

今日の言葉が永遠の基礎となることを

完全に伝わることはないとわかっている。言語。それでも、ぎりぎりまでを攻めて、響け、と念じている。言葉。職人たちの研ぐ光にも似て、僕たちは今日の風の色を置き換えて刻むことをやめようとはしない。言霊。 詩 …

目標達成!一年間毎日ブログを更新して得たもの ~年間で120万人以上の方々にブログを読んでいただいた

2014年は毎日ブログを更新すると宣言して、その目標を達成することができた。 水増しされた数字ではなく、実際に計測し続けたデータによると年間のアクセスユーザー数は延べ120万人以上。ページビュー(=読 …

ヒトに性善説、コトに性悪説

メンバーのしている仕事の一つ一つすべてに目を向けていたら、彼らは仕事を「与えられる」ものだと思うだろう。それは仕事ではなく作業だ。ところが、お客様からの期待を裏切らないためには進捗や品質についての責を …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly