川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ

投稿日:

自分のブログを「商売」で検索してみる。父の背を見て育った僕が商売人であることを誇りに思って書き続けていることがよく分かった。唯一この点だけは、ブレてないのだなぁと我ながら感心する。

ビジネスと商売は違うということ、利益は尻尾についてくるのだということ。このあたりの話を人前ですると、いつも噛みついてくる人がいる。僕の信念なのに、だ。だからなんとなく、それは経営者たちの集まる場で伝えてはいけないことだと思い込んできた。僕は商売人、彼らは経営者。生まれ育った土壌が違う。僕は商店街にいて、彼らはビルのなかにいる。いつもそういう壁を感じてしまう自分がいた。

ただ、読み返していて、改めて思う。僕はこの信念で、会社を守り続けてきた。経営者という立場であっても、根っこにあるのは商売人の義である。そしてそれは、父の商売人の在り方に学んできたものだ。噛みついてくる人がいるのだとすれば、それは父を否定されていることになる。だったら父と一緒に噛みつき返してやればいい。そんな風に考えていると、気が楽になった。僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ。

考えすぎて深みに落ちたとき、やっぱり救い出してくれるのは父で、その存在を忘れて僕は僕の生き方を語ることはできない。何年も前に亡くなってしまった父のことだからと躊躇せず、何年未来にいても父といる自分のことを恥じることなく、言葉にしていきたい。何度も言う。僕は商売人の父の背を見て育った。僕は父といる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

「仕事につながりますよ」という甘い勧誘は、誰のためのものか、商売人としてどうか

「あっちの会では仕事にならなかったでしょう?でも、こっちの会では仕事につながるんです。入会しませんか、おススメしますよ」という勧誘が、僕の大切なお客さんのところに相次いでいる。似たような話を十件以上聞 …

no image

うちのメンバーに3人目のお子さんが誕生した

今回も長男、長女に続き、妊娠した時から一文字で考えていました。 3人目は、僕が尊敬する西端康孝社長(@bata)から一文字頂こうと決めていたので、あまり悩むこともなく決定。 康孝の孝をいただき、「孝 …

no image

モノの終わりと始まりに。

もう営業を止めてしまったような、古い店舗を目にすると。 でも、このお店にも、「オープン」したばかりの頃があったんだよな。 店主はその時、よし頑張るぞ、という決意で初めてのお客さんを待ったのだろう。 そ …

no image

一緒にランチしながら過ごしたい、そんな人間に。

商売人の息子なのに、商売人として弱いなぁと思う自分の悪いところに、能力や情報といった、自分から発せられる何かに対して、その対価をつけることに戸惑ってしまうことです。 また、100円で仕入れたものに対し …

no image

話をしながら、瞳をのぞく。理解はどうか、熱は伝わったか、未来を見たか、自ら動くか。

これから決算書を作っていく必要はあるものの、会社として、ひとつの期を終えることが出来た。生き残ることが出来た。そして七月一日。経営者として10年目となる新しい一年が始まる。 SWOT分析なんて言葉があ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly