川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

安定した給料を得るために期待すること、しなければいけないこと ~評価の基準

投稿日:2016年8月22日 更新日:

ホームランを打てば祝福してやりたい。ただ、ホームランは狙って打てるものでもない。ホームランを打つことを常とされれば、ひとは疲弊してしまう。だから僕は、偶然の要素の強いホームランよりも、基本的な所作や習慣を大切にできているかどうかを評価の基準にする。

たとえば、グラウンドに立てば、柔軟体操から始めるだろう。運動会でいえば、始まりのラジオ体操がそうだ。当たり前に継続できること。当たり前の習慣の上にホームランが打てるようになるということ。継続するから習慣になる。どんなことでもそうだ。なりたい何かがあれば、まずは継続を意識すること。継続が当たり前になった瞬間に、それは習慣と呼ばれるものになる。

たとえば僕は、大切な父や犬たちを亡くした朝であっても、歯磨きをした。髪の毛だって洗っただろう。覚えていないけれど、きっとしている。習慣とはそういうものなのである。

給料を上げたいとホームランを打とうとする。結果、グランドに飛び出して、柔軟の不十分なままに怪我をする。それは自己責任だ。また、「お前は昨日はホームランを打ったのに、今日は三振ばかりだ。だから給料を下げる」というのは、それはそれで経営者の横暴であるというものである。僕は大振りは求めない。

柔軟体操をちゃんとしたうえで、空振りの三振をする。その姿勢は評価する。ヒットやホームランであれば、さらに高い評価をするだろう。しかし、基本を疎かにすることは許さない。そこに信用は生まれない。継続のないところに存在するものは、不安定な不信だけだ。

継続できているかどうか。

その一点について、何度も何度も語り続ける。果たされない。それでも、繰り返す。何を継続すれば良いのか基準を明らかにして、それを評価の材料とすることも伝える。それが自分たちの家族を守りお客さんからの支持を得られるのだということも伝える。僕はそれだけを繰り返していく。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

心はてんこ盛りにする。

「そういう書き方をすると、相手はどう思うだろう」 「ここですぐに電話をしなければ、相手は不安にならないか」 「まずはゴメンナサイって、謝るべきではないか」 私は、綺麗な言葉と心遣いを忘れずに、仕事をし …

表現力を磨くために大切な想像力 ~上から目線の言葉と、共感の生まれる言葉と

「言葉はいつまでも、一つの母国である。魂の連帯を信じないものたちにとっても、言葉によるつながりだけは、どうかして信じられないものだろうか?」と言ったのは寺山修司(ポケットに名言を/角川文庫)。 信念に …

口下手だから営業は出来ないという話が人を傷付ける ~営業マンの物語、営業刑事は眠らない

「口下手だから営業は出来ない」という話を聞かされるたび、嫌な気持ちになる。 営業は口先でやるものだとは思っていない。売るのではなく選ばれるようになることが商売の基本だ。相手の心理と気持ちを想像しつづけ …

no image

忙しくなるたびに、ありがたいなぁと、夏の、喜びの。

9月から正式入社のNくんが、神戸のあちこちの掲示板に、自作のチラシを貼りに行ってきました。 ご苦労様。 「Yes」でも「No」でもなくて。 自分が社員の立場だったとき、やりもしないで否定されることは嫌 …

no image

外食は身体に良くないと言い聞かされた子どもの心はどんな風になるのだろう

外食だから健康に良くないとか買ったお惣菜で家族に申し訳ないとか、一義的には正論なのかもしれないけれど、その商売に携わるご本人とご家族を他を傷つけるという意味では公言するべきことだとは思っていない。 お …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly