川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

安定した給料を得るために期待すること、しなければいけないこと ~評価の基準

投稿日:2016年8月22日 更新日:

ホームランを打てば祝福してやりたい。ただ、ホームランは狙って打てるものでもない。ホームランを打つことを常とされれば、ひとは疲弊してしまう。だから僕は、偶然の要素の強いホームランよりも、基本的な所作や習慣を大切にできているかどうかを評価の基準にする。

たとえば、グラウンドに立てば、柔軟体操から始めるだろう。運動会でいえば、始まりのラジオ体操がそうだ。当たり前に継続できること。当たり前の習慣の上にホームランが打てるようになるということ。継続するから習慣になる。どんなことでもそうだ。なりたい何かがあれば、まずは継続を意識すること。継続が当たり前になった瞬間に、それは習慣と呼ばれるものになる。

たとえば僕は、大切な父や犬たちを亡くした朝であっても、歯磨きをした。髪の毛だって洗っただろう。覚えていないけれど、きっとしている。習慣とはそういうものなのである。

給料を上げたいとホームランを打とうとする。結果、グランドに飛び出して、柔軟の不十分なままに怪我をする。それは自己責任だ。また、「お前は昨日はホームランを打ったのに、今日は三振ばかりだ。だから給料を下げる」というのは、それはそれで経営者の横暴であるというものである。僕は大振りは求めない。

柔軟体操をちゃんとしたうえで、空振りの三振をする。その姿勢は評価する。ヒットやホームランであれば、さらに高い評価をするだろう。しかし、基本を疎かにすることは許さない。そこに信用は生まれない。継続のないところに存在するものは、不安定な不信だけだ。

継続できているかどうか。

その一点について、何度も何度も語り続ける。果たされない。それでも、繰り返す。何を継続すれば良いのか基準を明らかにして、それを評価の材料とすることも伝える。それが自分たちの家族を守りお客さんからの支持を得られるのだということも伝える。僕はそれだけを繰り返していく。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

宣伝になってしまえば「見せられるもの」、面白いものになってしまえば「見てみたいもの」

伝えたくて詩を選んだのだから、詩の意味に興味を持っていただけるのは本当にうれしいことだ。そしてまた、作文ではなく詩を選んだということは、求めるのは理解ではなく共感であるということ。曖昧でしかない線の「 …

感動を共有できない「プロ」であるならば、「発展途上」でありたいと願う

何十回としている仕事なのだけれど、結果が出るまではいつも緊張する。不安があるから謙虚になれるのかもしれない。謙虚になれるから、結果が伴ったとき、新鮮な気持ちで感動できるのだとも思う。わかりきっていたよ …

no image

手書きとPDAのジレンマ。

大きな仕事が重なり始めた。 「うっかり」を無くすために、会社の机を整頓。年末からたまっていた伝票類も入力、月末の支払いの算段など。そしてため息(汗)。 お客様から聞いた話、自分のtodoを、出来るだけ …

no image

高砂day

高砂day。 取材を終えて、夜の会議も同じ高砂市内。近くて助かる。台風の影響で仕事のスケジュール変更がたくさんあった。自分がそうならお客さんも同じ。玉突き状態で、こちらの変更もまた色々と変わっていく。 …

no image

納品の瞬間まで…、プロ意識の積み重ね。

外注をお願いしている取引先に、かなり無理を言って仕事を急いで貰いました。 納期まで、一分一秒を争う仕事。お願いします、と頭を下げながらも、 (でも、どう考えてもこれだけの期間では無理だろう…) と、半 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly