川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

近寄りがたいおっさんとして

投稿日:2017年2月23日 更新日:

「香る」と「薫る」の使い分けについては、いつかコトバノに書こうと思っている。一般的な匂いは「香る」で比ゆ的に使われるのが「薫る」。たとえば「春の薫りがする」と書けば、実体のない春の匂いを表現しているということなのである。

サムギョプサルはとても美味しくて、心もおなかも満たされた。その翌日、僕は「近寄りがたいおっさん」として薫り続けた。いや、臭い続けた。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

洒落た食器を売るお店に来て君は、どんな料理が並ぶのを想像して笑ったんだろう

朝までは元気だった人が、自ら命を閉じて、夕方。 警察の検視が終わって落ち着きを取り戻した場所に向かうと、何事もなかったかのように人々は行き交い、家路を急いでいる。残留思念のようなものを感じ取った気がし …

no image

桜の連れてくる、特別の景色に。

ディスプレイの大好きな弟の手によって、賑やかに飾られた仏壇。 まるで誕生日会。 しわくちゃな顔で笑って、眺めているんだろうな。 4月2日、桜の花の下で別れてから、まもなく一年。 今日は、父の、一周忌の …

二十歳も離れた恋人からの贈り物。

ゆりちゃんへ プレゼント、ありがとう。 とってもうれしいです、ネクタイ、ずっと大切に使わせてもらいます。これで、すこしはかっこいいおじちゃんになれるかなぁ? また、おじちゃんと、お父さんと、ゆりちゃん …

音楽で食っていく夢は叶わなかったけれど、伝えるチカラの根っこにはやっぱり

ライブを終えた。楽しかった。演奏を終えてすぐ、他のバンドの方が握手を求めてきてくれた。「あのピアノの演奏の意図はこういうことですよね?」と質問してきてくれた。そういうところまで感じてくれる人がいて、あ …

no image

準備に費やした時間があるから、本番、変化する自分を感じられた ~同友会バンド演奏を終えて

バンド演奏、本番。楽しかった。 ピアノ演奏、楽しかった。 人前で弾くと、その場のエネルギーを指に乗せることができるんだな。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2015 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly