川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

今年の漢字「北」の字源と、憲法の前文と

投稿日:2017年12月15日 更新日:

日本漢字能力検定協会が毎年発表する今年(2017年)の漢字が「北」に決まった。

二人の人がそれぞれ背中を向け合っている。そして、向き合わず背を向け合っているということは「離れていく」イメージがあることがわかりますね。だから「敗北」や「背走」という退く意味のあるこれらの熟語には「離れる」「逃げる」というイメージの「北」という字が使われているのでした。

背を向けるイメージは、その後「太陽に背を向ける」という意味にも広がり、方角の「きた」は「北」という漢字が使われるようになりました。

引用元:「北」という漢字の字源で知る「敗北」「背走」の秘密 ~北海道の由来とは | コトバノ

以前コトバノで「北」に関することを書いたことがあったので、発表の当日はこの記事にアクセスが殺到していた。PV(ページビュー)が増えるというのは、良くも悪くも目立つということで、メリットもデメリットもある。それでも、自分の存在を想いを伝えていかなければ、零細企業はすぐに立ち行かなくなってしまう。恩恵の大きさについて、素直に感謝したい。

近くて遠い隣の国との関係について考えさせられる一年だった。水と平和が無料だった時代は、もう昔の話。憲法について、防衛について、たくさんの議論があった。

憲法9条ばかりが注目されるが、ここで、憲法の前文から一節を引用したい。

われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

日本の国民だけが平和であれば良いと憲法は言っていない。平和のうちに生存する権利は、全世界の国民が有する権利なのである。国際社会のなかの日本。目を背けてはいけないことがたくさんあるということを、歳末のこの時期に再確認する。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

物事は表裏一体、迂闊に押し付けてはいけないことがたくさんあるね

聞きたくないであろう話を聞かされている人の笑顔の無理を見ていて、どうにかして、こっちに引っ張ってみたくなるけれど、その配慮だって見えてしまえば相手を傷つけてしまう。相手の当たり前は自分の当たり前ではな …

no image

慈愛と哀れみの紙一重。

慈愛と哀れみを混同して、対等ではなく、同情で人に接してしまうのは相手に失礼なのではないか。周囲や世間には誤解や先入観が多くてぎりぎりの配慮をしているつもりだけれど、自分が哀れみで人に施してもらっている …

no image

成長の場所で。

かつての教え子2人に電話(Nからの電話も合わせたら3人)。 同じ社会人となったことに対して敬意を示しながら、近況を聞く。立派に成人して、ちゃんとした敬語が使えるようになっているのが嬉しかったりして。 …

ハンバーガー祭りぢゃ。

食わねば。 列の出来るお店とそうではないお店の違いが知りたい。

リハビリ中。

@整形外科 背中と腰に痛みが出てきました。単なる老化と言われたらどうしようかと思いましたが事故と関係あるそうです。 首を伸ばしてもらって、今は赤外線でぽかぽか温め中。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly