川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

一流でありたいという意識が、誰かを蔑む価値観になってしまってはいけないということ

投稿日:2018年2月3日 更新日:

かつてホテルの従業員だったり、飛行機の客室乗務員だった方が「一流はこんな風な立ち振る舞いをする」という話を教えてくださることがあります。

なるほど、だから初対面の印象はとても大切なんだ。せめて一流の箱であることをまず意識して、次第にその中身を埋めていけるようであろうという示唆に富んだ内容だとは思うのですが、僕はこれを、自分を戒めるためだけの知識として留めておきたいのです。どういうことか。

・チェックアウトのときは、部屋を片付けて出ていこう
・チェックアウトのときに、部屋を片付けない人は一流ではない

この違い、前者は自分の意識の問題ですが、後者では他人を蔑む評価の言葉になってしまっています。

そもそも、一流や二流という言葉自体の使い方も慎重にならなければなりませんが、僕たちはこうして、何かの知識を得たときに、結果として、誰かを蔑む価値観を植え付けられてしまうことがあります。上を見て上を目指していたはずが、いつのまにか、あいつよりは自分の方が優れているからマシだという意識になってしまっているということですね。

ひとはひと、自分は自分。

比べると奢りが生まれてしまいます。だったら僕のように、もうこれより下のない三流でいようと考えるのも極端かもしれませんが、それで食えていけるのなら楽ですよ、この生き方も。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

no image

表現にこだわって、姿勢を改め意識する。

「下請け」や「業者」という言葉を使わないようにしています。 下に見られるのも、下に見るのも嫌。仕事は、いつも対等でありたい。 そこで、あえて「取引先」というような言い方をして、それを自分に言い聞かせて …

商売人の「血」と「義」を貫く ~商売の負け方

勝ち負けという言葉で商売を表現することの是非はともかくとして。 100:0で選ばれる必要はなくて、51:49のほんのわずかな違いを作ること、習慣にしていくこと、浸透させていくこと。商売の本質なんて、た …

no image

名刺交換を終えた相手に送るお礼状の文面が、誰にでもあてはまるものになっていないだろうか

株式会社虎屋さんが休業するにあたって、ウェブに掲載した文章が「商売人の鑑である」とネットで話題になっている。 赤坂本店、および虎屋菓寮 赤坂本店は、10月7日をもって休業いたします。室町時代後期に京都 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly