川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

また、大切な人の逝ってしまう。

投稿日:

身近な60代の方の病気、逝去が続いている。
自分が社長になって以来、ずっとお世話になっていたKさんの訃報も今日になって知った。

印刷業のことなど何もわからないまま、入社4ヶ月での社長就任。

Kさんは、そんな自分の事情を知って、技術的なことを色々と教えてくれたし、
訪問すれば時々、近所の喫茶店からコーヒーを出前で頼んでくれたりもした。

自分の父と同じ年齢という親しみがあった。
そして、職人として、学ぶことも助けて貰うことも、本当にたくさんあった。

入院は知っていたものの、10月に亡くなっていていたことを今日まで気付かなかったことが
悔しい。僕は忙しさを言い訳にして、当たり前の距離感を視界の外に追いやっていたのでは
ないか。

ひとは突然いなくなる。

それを、去年、今年、大切な人を立て続けに亡くして、よくわかっていたのに僕は ―。

すこしの筋肉痛と、すこし、リンパの痛み。

ぶり返した、のではなく、これはもしかすると、違う種類の風邪なのかどうか。
さすがに今日は、静かな夜を過ごすことにする。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

想像力にユダネテイキヨ。

僕たちは誰かの想像力に委ねるという想像力を大切にしなければならない。タイヘンナコト、タイヘンナコト。

二日酔いの朝は。

仕事モードに強制移行。

no image

指切りした日々添い星 ~ 一青窈さんの時間に。

一青窈さんのコンサート。 繊細な言葉、雰囲気。メロディ。 優しさと柔らかさに包まれて、心が浮いていく。 素直に涙を流すことの出来る空間にいた。それは、もう、僕を溶かすアートの世界だった。 自分のルーツ …

no image

経験は何よりも貴い。知っていることよりも、やっていることを大切にする。

「知ってる」んじゃなくて「やってる」から聞きたいんだよね。 たとえば「自分が人を雇うとすればこうする」というのではなく「自分は人を雇ってこんな風に接してきた」という話。たとえば「自分が大根料理を作るな …

no image

誰か一緒に悲しんでください。

今日は、ふあうすと川柳大会。 1年に1度の大きな大会で、今日の課題のために、数ヶ月前から作句に取り組んできた。仕事を忘れて、悲しみを置いて、雰囲気を純粋に楽しんでこよう。 1年前は、全部没だった。 今 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)