川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

その小さな鼓動に手を添えて。

投稿日:

父さんの仏前で、堪えていたものが止まらなくなった。こんな時だけ力を貸してくれって困るだろうな。それでも、頼むよお願いだよって、叫んでしまった。

年齢のこともある。苦になる選択をするつもりはない。この病気には抗ガン剤が効きやすいということ、何もしない方が苦しい最期を迎えてしまう可能性があるということ、人間の場合と同じような副作用がキツくはないということ。そして「効けばその効果は顕著に」という先生の言葉に希望を抱くことにした。

心を支配するもの、空気に舞うもの。
集中力が出ない。

不安を埋めるように、活字を追いかけている。この瞬間が永遠であれば、これまでの甘美な日々とこれからの希望だけを信じて、小さな鼓動に手を添え続けてあげられるのに。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

懐かしい景色。

@神戸ワイン城 先週に引き続き今日も先代のM社長にお会いしました。のんびりと、心を休めています。

ひたすらまっすぐだった頃の場所  にて。

15日締切分の川柳、書き上げたー。 川柳やってる人って、皆、締切間近になると「苦しい」って言うんですよね。なのに何故続けるのか。 それは句会に来た人だけが分かる喜び。 あなたも是非。 — …

no image

足元に響きつづけるのは、コツコツという音だけがずっと ~「感慨深い」という気持ちがもたらすエネルギー

小学生のころの野外活動で、三室山に登山をしました。中学生のころは氷ノ山に、大学生のころは比叡山、大人になってからは六甲山を登りました。 山は、登ってきた道が見えるのがいいですね。一歩一歩をコツコツと積 …

一青窈さんコンサートツアーファイナル。

二日目千秋楽、岸和田浪切ホール。 奈良から下道を走ってまいりました。楽しんできます。

明石に実在するオカマのワンコ。

愛犬じゅにあ。—-まるで女子高生のようなスカートがお気に入り。ご機嫌にカメラ目線です。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)