業務日記

帳簿を眺めつつ。

うちの会社は6月が決算。

帳簿で見る限り、どうやら社長になって一期目である今期は、黒字で決算を
迎えることが出来そうな感じです。

プライベートでも何かと大変なことが続きますが、やはり、常に気にかかるのは
会社のこと。売上や納期、資金繰りや次の仕事のことなど、常に何らかの懸念が
「数字」になって、頭から離れません。

給料を払ったり業者に支払をしたり…。

そういったお金が、誰かの人生に影響を与えているのは言わずもがな。
ですから、毎月決まった支払いを滞らせず行っていくことは、大変なプレッシャー
と責任を感じます。

反面では、その「資金」が、会社として十分な生産活動に費やされているのか、
という生産効率も見極めなければいけません。

「人」という資源を最大限に活かしていくためには、そういったシュミレーションと、
環境(雰囲気)作りが重要。

自分のカラーを出しながら、周囲から、気持ちよく協力を仰げるような体制にして
いきたいと思います。