業務日記

完璧を求めないで、60点で走り出すこと ~それはスプーンとチャーハンの関係にも似ていて

考えすぎて動けなくなるというのはありがちで、60点で走り出して、あとは軌道修正をしていこうという話を社内ではよくする。

0から60になるまでの時間と、60から100になるまでの時間は、数字の距離だけでいえば後者の方が短いはずなのに、斜面の角度が違う。登りきったときには、もう、求められていたものはずっと先に行っていて、99と100の間の永遠を彷徨い続けてしまうことになる。新雪に誰かの足跡を見つけたような悔しくてもどかしい気持ち。

だから、日付を決めてしまう。だから、決めた日付で、放つ。

放ってから、不完全を埋めていく。そういうスピード感がなければ、お金を捨て続けているのと同じなのかな、と思う。

と、言いつつ、ずっと気になっていて動けなかったことのヒントを求めてみた。

ぽんっと、頭が軽くなって「動こう」と思った。動けないのではなく、動かない理由を一生懸命探していたことに気付かされた。チャーハンを食べてもらうためのスプーンについた小さな傷を気にして、美味しく食べてもらうことを忘れてしまっては本末転倒。大切なことは美味しく食べてもらうことで、スプーンはあとから買い足していけば良い。

原点って何なのか、理念って何なのか。

その軸があれば、立ち返ってまた、動き出せる。
そうだよなー、そうなんだよねー、そうだったんだー、そうなんだよー、と、何度も繰り返しながら僕は、お気に入りのラーメン屋さん、そのチャーハンのことを思いだしていた。原点はいつもチャーハン。違うんだけど、そんな感じ。