川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ

投稿日:

自分のブログを「商売」で検索してみる。父の背を見て育った僕が商売人であることを誇りに思って書き続けていることがよく分かった。唯一この点だけは、ブレてないのだなぁと我ながら感心する。

ビジネスと商売は違うということ、利益は尻尾についてくるのだということ。このあたりの話を人前ですると、いつも噛みついてくる人がいる。僕の信念なのに、だ。だからなんとなく、それは経営者たちの集まる場で伝えてはいけないことだと思い込んできた。僕は商売人、彼らは経営者。生まれ育った土壌が違う。僕は商店街にいて、彼らはビルのなかにいる。いつもそういう壁を感じてしまう自分がいた。

ただ、読み返していて、改めて思う。僕はこの信念で、会社を守り続けてきた。経営者という立場であっても、根っこにあるのは商売人の義である。そしてそれは、父の商売人の在り方に学んできたものだ。噛みついてくる人がいるのだとすれば、それは父を否定されていることになる。だったら父と一緒に噛みつき返してやればいい。そんな風に考えていると、気が楽になった。僕は僕だ。僕は父といて僕だ。僕たちだ。商売人だ。

考えすぎて深みに落ちたとき、やっぱり救い出してくれるのは父で、その存在を忘れて僕は僕の生き方を語ることはできない。何年も前に亡くなってしまった父のことだからと躊躇せず、何年未来にいても父といる自分のことを恥じることなく、言葉にしていきたい。何度も言う。僕は商売人の父の背を見て育った。僕は父といる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

「動員目標」という言葉を使ってしまう危うさ ~ノルマと目標の違い~

月末や年度末が近づくと「同友会 退会」というキーワードで検索からやってきてくれる方が増えてきます。 「同友会 退会」というキーワードで2~3位あたりに表示されるうちのブログ。改めて読み返してみると「わ …

絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会

「絶対に浸透してなさそうな経営理念を考えて、その理由を語り合う会」を社内で実施。こういうことって反面教師にして考えたほうが、経営者じゃない側には分かりやすいと思う。 6月末が決算。ここまで、何が出来て …

no image

僕の生き方、僕の考え方、商人の矜持 ~車の買い替えで考えたこと

車検を通すか、買い替えるか、ずっと考えていた。 7年お付き合いしてきたディーラーさんに断りの電話。サービスの方たちは本当に素敵で、車のことを何もわからない自分を安心させてくれた。ただただ、営業の方との …

no image

名刺交換を終えた相手に送るお礼状の文面が、誰にでもあてはまるものになっていないだろうか

株式会社虎屋さんが休業するにあたって、ウェブに掲載した文章が「商売人の鑑である」とネットで話題になっている。 赤坂本店、および虎屋菓寮 赤坂本店は、10月7日をもって休業いたします。室町時代後期に京都 …

no image

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。【伝】を具体化する本気の一年にする。

「頑張る」という言葉が好きでないのは、何をいつまでにやるのかが不明確だからだ。「刺激」「学び」「気付き」という言葉とも似ている。刺激を受けたから、どうなのか。学んだから、何をやるのか。気付いたから、何 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)