川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験は何よりも貴い。知っていることよりも、やっていることを大切にする。

投稿日:2017年8月26日 更新日:

「知ってる」んじゃなくて「やってる」から聞きたいんだよね。

たとえば「自分が人を雇うとすればこうする」というのではなく「自分は人を雇ってこんな風に接してきた」という話。たとえば「自分が大根料理を作るならこんな風にするではなく「こんな風に大根を煮たらとても美味しかった」という話。僕はそう。知識ではなく、経験に敬意を持つ。

経営者たちのアンケートを基にして、どこかの大学の先生がそれについての考察を話をするというのもあるけれど、正直、その内容をちゃんと覗いたことはない。だったらそれで、実際に会社をやってみておくれよ。経済を良くしてみておくれよと思って反発してしまうので、あえて、そういう話には耳を傾けないことにしている。まぁつまり、自分の感情の問題。

経験は何よりも貴い。100回の議論と検討を重ねた人よりも、100回失敗した人の方を僕は評価する。失敗しないように何もしないことを選ぶよりも、失敗に向かっていくつもりで動いていく人が大好き。「そういう人が好き」という評価はブレない。だから、自分の仲間にもそれを求めるし、これからの限られた時間、僕はもっと、「知っている人」よりも「体験してきた人」との時間を大切にしていくことにする。

えらい人たちの話は難しくて自分にはよく分からない。理解している人同士の話に背伸びをしてしまうよりも、僕は現場にいて、人と接していたいなぁと思う。そんな生き方を宣言して、場を、取捨選択していこうと考えている。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

そしてココからの10年を思う。

幼稚園の頃から、高校まで。ずっと学校が同じ、クラスも一緒、そしてクラブ(吹奏楽部)でも同じ時間を過ごしたYと食事。 彼女とは26年の付き合い。 全部知ってくれている人がいるというのは、頼もしい、心強い …

no image

神戸で働く明石のタコ。

朝から税理士が事務所にやってきて、「株式の譲渡」やら「債務免除」の話など、「早くスッキリさせておきたい問題」について話し合いを行いました。 小さくても、法人であり組織であり、また、過去から会社として存 …

no image

星の時間が長くなる、僕の引退が早くなる

気合いだとか、根性だとか、イマドキじゃないですよ、と言われるようになって久しいけれど、老いたら今と同じ体力で仕事ができるわけはないし、僕は「若いうちの苦労は買ってでもする派」である。今が良くて、老いて …

no image

太陽の照らす道が眩しくて。

(また聞かれてしまったかな) ため息をしようと思ってするのではない。吐き出したあとに、その音を聞いてようやく、自分が周囲に不愉快な思いをさせているのではないかと気がつく。 切なさを切り替えようとすると …

no image

父のいる空を決めようか。

役所での手続きを終える。 父の健康保険証や障害者手帳を返した。戸籍には×が入れられた。 障害基礎年金と障害厚生年金は、遺族厚生年金と名前を変えて、父から母への、贈り物になった。 葬儀会社に支払いを終え …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)