川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

2017年ジョギングの走行距離が1,000kmに達した ~必達の数字を理解しない社員のことと

投稿日:2017年12月3日 更新日:

2017年ジョギングの走行距離が1,000kmに達した。

生きていくためには、絶対に達成しなくてはいけない数字がある。数字への意識を持つために、僕はこの1000㎞という数字を、毎年、継続力と忍耐力のために何がなんでも達成することにしている。今年は大きな発表がいくつもあって準備が大変だった。その期間もずっと走り続けたし、下半期、神経痛や骨折に苦しんでも「雨でなければ走る」という自分に課したルールを守り続けた。積み上げるためにはコツコツしかない。

うちの社員たちは、ここ数年、ただの一度も「必達」の数字に到達していない。先月の数字でいえば、彼らの達成率は20%にも満たない散々な内容だった(必達に対しての到達率がその数字なので、「目標」から考えるともっとひどい状況である)。それでも彼らは、休むときは休むし、危機感を持たない。自分たちの給料の源泉を理解せず、家族サービスに時間を費やしている姿を見ると、腹立たしく感じることもしょっちゅうだ。「裏切って申し訳ありません」という言葉を何度聞いて、チャンスを与えてきたことだろう。

こんな小さな会社だからこそ、僕は「仲間」という雰囲気を大事にしたいと思った。あえて「社員」という言葉を用いず、いつも「メンバー」という表現をあえて用い続けた。上も下もなく、僕たちは役割として、社長や営業、制作という肩書きを持つ。同じようにしんどく、同じように幸せになる。ただ、この「同じように」という前提が崩れると、誰かがしんどくなる。誰かが不幸になる。僕はやっぱりそれを許せないと思った。

生きる力を与えることが、本当の優しさなのだと思う。甘やかしてきたのは失敗だった。1000kmという数字は、コツコツが続けば簡単なことだが、何よりもそのコツコツが難しい。コツコツの価値を理解しているからこそ、僕は、そのコツコツだけを評価していくことにする。彼らのことをまた、「仲間」と呼べるようになるだろうか。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

7月危機がやってきた、ピンチはチャンスの裏返し

経営者になって10年目のスタート、7月。毎年大きなトラブルは7月に起こっているような気がする。今年はどうだろうと思っていたら、やっぱり今年もずどーーーんと来た。重たい。 [短歌]あなたなら大丈夫って言 …

no image

そしてココからの10年を思う。

幼稚園の頃から、高校まで。ずっと学校が同じ、クラスも一緒、そしてクラブ(吹奏楽部)でも同じ時間を過ごしたYと食事。 彼女とは26年の付き合い。 全部知ってくれている人がいるというのは、頼もしい、心強い …

no image

雪だるまに会いたい。

土曜日。 一人で済ますことの多い土曜日のランチ。いつも行くラーメン屋の前に車を停めていると、青虫たちの取り締まりが始まってしまった!(汗) 出来上がってきたばかりのラーメンをそのままにして置いて貰うよ …

明石駅前、地酒屋鳴門さんの移転が決まった。

明石駅前、地酒屋鳴門さんの移転が決まった。 地酒屋 鳴門さん 移転と新店舗のご案内 – 地酒焼酎 岩井寿商店 飲みっ話日記 – 楽天ブログ(Blog) ここでしか飲めない日本酒 …

no image

はだしのゲン。

コンビニで「はだしのゲン」を買う。 小学校の頃、戦争の悲惨さを伝える漫画として図書室にも置かれていたが、あまりに人気が集中したため、なかなか手にとって読むことが出来なかった。 改めて読み直してみると、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)