雑記

頚椎椎間板ヘルニア発症から9ヶ月、MRIの結果

「インスタ映えしそうなんで、この骨の写真をアップしちゃいましょうか」なんて会話を主治医としばらく。

頚椎椎間板ヘルニアを発症して9ヶ月。4回目のMRI検査の結果が出ました。

あわせて読みたい
4回目のMRI検査と、与えられすぎる親切への苦しみと6月10日月曜日、MRI検査を受けてきます。前回は1月15日、これで4回目の撮影ということになります。 頚椎椎間板ヘルニアであると分か...

ヘルニア、少しだけですが小さくなっていました!

手術ではなく、自分の白血球がヘルニアを食べていくことを期待した「白血球キャンペーン」。

食べられやすいヘルニアとそうではないヘルニアがあって、前者ならば、4ヶ月目あたりから好転していくことが多いというデータがあったのです。

自分の場合はその時期を過ぎても変化はなかったのですが、今回の撮影で

・ヘルニア自体の減少
・ヘルニアの分離

がようやく認められました。

「分離」とは、たとえて言うならば、焼けて膨れたお餅が、元のお餅から離れていくようなイメージ。こうなると、さらに白血球が「食べやすい」状況になっているので、今後回復の速度も上がっていくのではないかと思います。

最近は気象病のせいで痛みに苦しんでいますが、元のヘルニア自体が小さくなってきているのは吉報。週に2回以上病院に通い続けて頑張った甲斐がありました。

残念ながら諸々の制約があり、リハビリに通えるのは残り数回。筋力が落ちているので、その後の自主トレも数年単位で継続していかなければなりませんが、痛みから解放され、元通り腕が動かせるようになるまで、粘り強く訓練していこうと考えています。

変化は「ほんのちょっと」。でも「確実なちょっと」です。まだまだ痛みには苦しみますが、手術なしで、治してみせますよー。