雑記 PR

旅の空から見据えてみれば。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

横山秀夫さん「真相」読破。

苦い真相、人間というものの本質。
重たくもあり、皮肉な結果。

横山さんの著書からは、いつも共通した「匂い」を感じます。

恨み恨まれ、騙し騙され。
でも、微かな希望を見出そうとするのも人間。

自分は今、どのあたりにいるんだろう、自問自答。

執着し続けるのかな、この切なさに、この絶望に。
それとも、どこかで反転できるのかな、見出せるのかな。

わかんない。わかんない。

でも、何もかも信じようとするのは、ちょっと、当分はしんどいんだろう。

それはもう、明白たる事実。
そうしようって、決めてしまってることは、心の狭さかもしれない。

無理に広げたところで。

それほどの器もなければ。
受け止めることが出来るわけでもなく。

だから、今は、ひとつひとつ、ひとつひとつ。

笑っちゃいても、しんどさが伴う。
いくら、言い聞かせたところで。

旅にでよう、気分転換。