川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

口コミを企画、口コミで絶えず。

投稿日:

見舞いには行けず。

体調は、さらに悪化しているらしい。
余計に悪い想像をしてしてしまう伝聞。

苦しむ人の横で、24時間祈り続けるのは家族。

皆が解き放たれるように、一日も早い回復を願う。

仕事は、忙しい人に頼めばうまくいく。

「暇ができれば」「時間があれば」という仮定条件は、どうしても
言い訳に聞こえてしまう。

今年、早くも12分の1の時間が終わろうとしている。

どれほど時間を有効に使うことが出来ただろうか、反省は何か。
早々に2月のカレンダーを目立つようにしておいたのは、何故か。

お客様には満足を、従業員には安定を。

僕の約束が決して誰かを裏切ることのないよう、もっともっと、
自分の退路を断ちながら、歩んでいかなければならない。

ここに、有言実行。

自分の意思と覚悟が、メンバー全員に投影された、チーム力のある
組織を目指していく。

「ことば」の相談、4件。

うまく書くのではなく、うまく伝えること。
口コミに強い神戸の制作会社、立ち位置としてはそんな。

手ごたえを感じている。 

嘘は嫌いで、嘘は書かない。
だから、ご依頼いただいたお客様も輝き始める。

当たり前のことなんだ、結局はつまり。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

今日は姫路。

姫路に来ています。 経営のご相談と経理のお手伝い。何でも屋です(^^; アスファルト、あつ…

no image

震災の日によく検索されるキーワード「大地震 読み方」「周年 使い方」 ~生かされていることへの敬意

報道でよく使われる言葉だからだろう。コトバノでは、この日、下記の二つの記事へのアクセスが多くなる。 事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け | コトバノ …

東野圭吾大人買い。

読みまくります14冊。

no image

閉塞感の先っぽで、気を紛らわせながら。

仕事も忙しかったり、プライベートもばたばたしていたり。 気がつけばあっという間に一週間が経ち、あっという間に一ヶ月という時間が過ぎていきます。「社長」をするようになってから、「支払い」というものを常に …

明石公園の柵は木の成長を妨げず、シロツメクサは最後まで咲き続ける

芝が綺麗に刈られていたのだけれど、機械は上手にシロツメクサのあたりだけを避けて通っていた。誰に言われたのでもなく、誰のためにするのでもなく、ここをこんな風に残した誰かの優しさに触れられた一日はとても心 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly