川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

生まれられなかった、だけど、生きたことを。

投稿日:

繰り返し震える携帯電話。

メールを読み、すぐに電話をかける。

それは、予定よりかなり早めの出産と、天国への旅立ちを告げる
2つの命の物語。

複雑な思いと寂しさの中で、手続きの流れを調べてやってメール。
励ましの言葉も見つからない無力。

会社の仲間の家族のことだから、(色々あって)呆れながらも、
元気に誕生してくることを楽しみにしていた。

馬鹿がつくほど明るいはずの声を押し殺して、状況を伝える彼の声。

きっと共有してほしくなる時間なのだろう。
聞いてやることしかできない、けど、ただ、聞いてやりたかった。

夫婦と、生まれてきた1人、お腹の中でわずかの時間しか
生きられなかった1人に、川柳を贈った。

 『父母の温度にふわり生きたこと』

ちゃんと存在したのだという想いを刻んで、頑張ってほしい。

心からそれを願った。

少しずつでいい、がんばれ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

多弁は雄弁を知らず、言葉は心を越えない

糸が張るのを待つ釣り人の横で、風に逆らわない鳥たちの動きを眺めて過ごした。やがてレンズに収まる場所にやってきて、そうとは知らず、そうとは知らないのに、風の主役になって凛とした表情を見せる。威風堂々。僕 …

no image

名簿入力、制作会社の春モード。

年度末、春、間近。 今年も、学校のお客さんから「名列(名簿)」制作のお仕事をいただきました。 ひとりひとりのお名前を入力していると、そこに込められた親御さんの「想い」が伝わってきます。どの文字にも、意 …

no image

時間の上書きしていく22年

阪神淡路大震災から22年。 僕たちから見た関東大震災が遠い昔のことであったように、大震災といえば、いまの若い人たちには東日本のことがイメージされるようになってきたようだ。こんなことを書いている自分も、 …

今日もミント神戸。

とりあえず一通り制覇しておこうかと。 今日は洋食屋。三宮駅を見下ろしながら。

no image

打たれ弱い自分のための、ダメージを最小限に食い止める方法 ~万事塞翁が馬

期が変わったし、今年も半分が終わったし、振り返りをして過ごす。 この6か月間はいいことがたくさんあった。嫌なことがなかったわけではないけれど、それを打ち消して余りあるほどのプラスがあったといえる。つま …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly