川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

会社に吹いた風の色。

投稿日:

ある検討。

書き出してみる、活字にしてみる。
言霊(ことだま)のさらにその次、図形としての文字の並びを意識する。

そうして、刺のない言葉が並んだとき、それが、残したい意思となる。

伝わるかどうか、届くかどうか。
判断の最終基準は、自分自身さえをも、打つかどうか、響くかどうか。

プロとして、対価を得るためのこだわりとしたいところ。

心理学を学びたい、というから、営業のトークの中で使う実践心理を教えてあげた。
はたして、それを自分のものにして応用していけるのかどうか。

語尾一つでも、受ける印象はまるで変わる。

テクニック、というほどのものではない。
少なくとも、損はしないための手法の一つとして、覚えておいてもらいたい。

こんな指導の幾つかが、本人の中で熟成されていつか、また、後輩に、部下に。
しっかりと伝承されていってほしい。

バトンのことは、若いからとて、考えなくていい、というもんでもないよね。

ここまでの時間、これからの時間。
何色が、どんな風に語られるのだろう? それとも、上書きされちゃうんだろうか。

まだ、もうすこし、先のお話だと思うけれど。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

もう、元気になっていく神戸を。

伯父の手術は成功したし、愛犬じゅにあの経過も良好。インフルエンザからも、街は立ち直っていく時期。 空が晴れ渡るように、このまま、いこ。 先週出会ったお客様は、趣味で染め物や編み物などをされるとか。作品 …

長崎・五島あごサブレ。

お土産にいただきました。あご→トビウオのことなんだそうです。 わざわざありがとうございました。どんな味だろう??

平成19年優秀作品

川柳。

【嬉】川柳から短歌への挑戦、尼崎市文芸祭短歌部門入賞!

応募していた尼崎の文芸祭、短歌部門の佳作入賞通知が届く。 「川柳家」を自称していてそっちがダメだったのは複雑な気分だけれど、はじめて応募した短歌で結果が出せたのは嬉しい。川柳よりは字数が多い分だけ、つ …

no image

地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ – 神戸らしく、大人らしく。

阪神淡路大震災の時、僕は大学受験生だった。瓦礫の街、受験地に向かうため代替バスを待つ僕を、周囲の人は風邪を引いてはいけないからと、声をかけあって先に乗せてくれた。京都の宿舎に着くと、ホテルの人がパンを …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly