川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

はじまりもおわりも、これまでもこれからも。

投稿日:

名刺は、一般的には出会いの糸を繋ぐためのものですが、人生の様々な場面で
いろいろな渡し方があるものだと思いますよ。

父を亡くした時も、柩の中に自分の名刺を入れました。

 「ここまでやって来られたのは、父さんのおかげだよ」
 「住所が書いてあるから、これからも見守っていてくれな」

これからを「よろしく」にも。
これまでを「ありがとう」にも。

どんなドラマにもふさわしい、顔の見えるデザインをご提案させていただきたいものです。

Kennyさんへの、ブログの返信として。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

君を守るためそのために生まれてきたんだ。

無駄と決めつけたら、事態は変わらない。それが誰の目に滑稽でも、守ろうと想う気持ちは奇跡になるね。…なるよね。 このブログを始めた頃と状況も大きく変わって、お読みいただく方もTwitterやFacebo …

no image

雨は虹の卵だね。

「虹が見たければ、まず、雨の降ることだよ」 傘の花が咲いて、重たきを行く駅前。この時はまだ、ほとんどの想像にない虹の空でも、ちゃんとちゃんと、それを見据えて口角を上げている人もいるに違いない。 期待に …

no image

「想」から始まっている、それでいい

「祈りなんて何の役にも立たない」とは、巡るその先を想像することのできない、なんとも寂しい意見だなぁと思う。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月19日 行動の源泉 …

鹿児島の市電は草が生えている!

芝生ですね。街が優しい、鹿児島中央駅付近。

滴り落ちてます。

うちの熱帯魚を泳がせてみたい衝動にかられています(死んじゃいます)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly