川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

魚の棚商店街。

投稿日:


ポニョー。
君を連れて歩くには刺激の強すぎるストリートさ。

親父シャツで走り抜けるかどうか。

僕のジョギングのコースは『おいしければ』それでいいんだ。
さて、どんな視線と巡りあえるかな。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

熱帯魚に癒される毎日。

中学生の頃に夢中になった熱帯魚。 ストレスを多く感じる今日この頃、11月の終わり頃から再び飼い始めてみました。家に水槽あると落ち着きますなぁ。毎日、帰宅しては水槽の前にべったり。飽くこともなく、ひたす …

耳の調子と俳句甲子園にかける若者たちのマンガと

耳の調子がずっと悪くて、最近はもう、この低空飛行に身体が慣れてきてしまった。それでも、突然やってくる痛みや遠くの音が間近に聞こえる不快感は本当に辛い。高校生たちが遠くでシャカシャカポテトを振っているの …

今日もリハビリへ。

だいぶ良くなりました。雨の中、傘の自転車で病院へ。 のんびりした空気の中、身体をほぐしてもらいます。

no image

笑っている記憶が最新で、本当によかった。

祖母が先ほど亡くなった。 言葉の種を植えてくれた人の再生、命の源泉である人の訃。自分のルーツについて考えさせられる歳末。 会いにいってきます。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata …

no image

18年を一緒に生きた愛犬だからこそ。

とても冷たい人間。 犬たちを、人間と同じように考えている。人間以上に考えているかもしれない。 人間に対しては、決して流さないような涙を、簡単にこぼすことが出来る。 そう、とても、冷たい人間。 「犬と人 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly