川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

魚の棚商店街。

投稿日:


ポニョー。
君を連れて歩くには刺激の強すぎるストリートさ。

親父シャツで走り抜けるかどうか。

僕のジョギングのコースは『おいしければ』それでいいんだ。
さて、どんな視線と巡りあえるかな。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

志ある限りに ― たくさんのことは忘れてもいい、忘れるもの。

『親鸞 (五木寛之著)』読了。 父が亡くなって以後、お寺との繋がりが増えた。どうせ関わるお経のことならばと、仏教に関する本などを読み進めている。 浄土真宗のいう「悪人」について、これまで感覚的に理解し …

帰宅したらすぐに点ける暖房。

パワー全開。

今日の血圧。

泳いだ後なので脈拍が…。 心臓と肺が強くなってきたのか、いくらでも泳げるような感じでした。吹奏楽部員として青春の炎を燃やした身としては、肺活量だけは誰にも負けまけたくないのであります。

no image

秋の季語であるヒグラシは、夏の始まりからずっといるということ ~カタチのない音や匂いに

神戸市西区の如意寺で収録したヒグラシの鳴き声。 物悲しい鳴き声は秋の季語にもなっているが、神戸あたりでは、少し山間に行けば7月の初めくらいから聞くことができる。この動画は2016年7月23日に撮影した …

魚に覗かれる便所『明石・ムーミンパパ』。

熱帯魚に覗かれながら用を足す便所です。ただし女子トイレのみ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly