川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

魚の棚商店街。

投稿日:


ポニョー。
君を連れて歩くには刺激の強すぎるストリートさ。

親父シャツで走り抜けるかどうか。

僕のジョギングのコースは『おいしければ』それでいいんだ。
さて、どんな視線と巡りあえるかな。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

回顧、母を想って詠んだ短歌が大賞を受賞したこと

音符にすれば表現出来るような物事の流れのイメージがあって、その抽象的な危うい感覚を共感してもらえると、ますます言語性は失われていってしまう。だから欲しいと思うのだし、だからこれではいけないのだとも思う …

鬼の高鼾。

あっついわー。

no image

僕を優しくすることは、誰かに優しくなること

コンクリートの森を見上げると羊たち。 ひとの気持ちを優しくしてくれる景色は街にも必ず訪れて、たぶん、僕たちは気付かないままに毎日を浪費している。見上げてばかりいても置いていかれてしまうのだろうけれど、 …

no image

ストレスはFBメッセンジャーによってもたらされるという、ある仮説 ~増えていく、勝手グループ

「ストレスは電話とFBメッセンジャーによって、もたらされる」という仮説。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年1月9日 FacebookとTwitterの大きな違いは …

海水で顔を洗うと。

危険なほど顔の痛くなることを覚えた31才。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly