川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

こころに充電できたものを。

投稿日:

松山千春さんコンサート@大阪厚生年金会館。

いつもながらパワーを貰えます。

愉快なトーク、綺麗な歌声。
狭心症で倒れて以来、自分が行くのはこれがはじめてのコンサート。

いつものように高音を伸ばして歌うときは、また、心臓がどうにかなってしまうのでは
ないかとハラハラ。でも、すっかり元気になっていて、いつも通りの千春そのものでした。

ただ、入院・手術の話を聞いていると、頭が真っ白になってしまいました。

自分は、そういう話に弱くて、聞いているだけで貧血のような症状が出てきてしまいます。
プラス、今回の千春の症状・手術は、今年の春、父が亡くなる直前に受けたものと同じ
内容なので、どうしてもフラッシュバックされてしまう記憶があるのです。

吐き気と心臓の鼓動。
ロビーに出て休もうかどうか悩みましたが、なんとかギリギリのところで。

神戸から大阪に向かう途中で、すでにガソリン残量の警告灯が点灯していたのですが、
大阪から明石まで、補給することなく帰ってくることが出来ました。

キューブとの最後の長距離ドライブ、今までよく頑張ってくれました。

明日は朝一番でフィットの納車。
そして、カーナビの取り付け。

午後からは兵庫県立歴史博物館へ行ってきます。

私たちがいつもお仕事でお世話になっている兵庫県神社庁さん主催の

「ふるさとの神々」-祝祭の空間と美の伝統-

という展示。学びを深めてきます。

今週はかなり忙しくもありましたが、ジョギングも再開出来るようになって、体調はだいぶ
快復してきました。

土曜日はそんな風に、日曜日は川柳のイベントがあるので、ボランティアでのお手伝いを
こなしつつ、久々に、詩人モードの一日を満喫してこようと思っています。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

ダム湖畔。

納品の帰り道。 涙流して喜んでいただけました。いい仕事できたなあ。 ありがとうございました。

no image

ひとを壊し始めた言葉の贈り物。

「うちの会社、こういう状況なんですよね。まいっちゃうなぁ」 そんなこぼし方をされた時は、「聞いてほしい」のシグナル。同意してあげると喜ばれる。アドバイスをしてはいけない。 「Aさんだったら、こういう時 …

鯱。

名古屋ではありません(どこでしょう?)

鬼の高鼾。

あっついわー。

シマリスの口の中には宇宙がある  ~愛犬たちの誕生日に寄せて

手のひらにあるアーモンドを次から次へと食べていくシマリスの動画。 シマリスの口の中にはきっと宇宙がある。これも生きていくということ。逞しくも愛くるしい表情と仕草に心癒される。優しいとか可愛いという要素 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly