川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

心はレフトスタンドへ。

投稿日:

テキスト速報。

夜の事務所へ届くのは、兄貴のまたまた二連発。

身体は神戸。
でも、魂は東京ドームへ。

今年は絶対、甲子園、いくどー。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

海水で顔を洗うと。

危険なほど顔の痛くなることを覚えた31才。

no image

心地よい関係の中の。

昼から、家庭教師時代の教え子N君とお茶。 22歳の青春が、眩しい。持て余した時間の中に、漠然と、将来への希望、不安。 その気持ち、わかるなぁ。 いつから、世間は「夢」という言葉を口にする人間を、青臭い …

山陽電車の廃線跡 〜踏切の音が鳴り続けているような気がした

この線路を地上を列車が走ることは二度とない。 在ったものがいつか無いことが当たり前となり、この線路がどんな風に役に立ったのかということは、記憶と記録によって語り継がれる。線路と人生は似ているなぁと思う …

no image

たこが逃げ出した。

明石という地名を出すと、必ず「たこ?」と聞かれる。何が「たこ?」なんだかわからん。その、クエスチョンマークはなんやねん。 飼ってるタコが逃げることがあってねぇ… というと、へぇ~ だって。 なんでもタ …

我が母校。

今日はボランティア(同窓会)役員の会議。 来るたびに学校の傷みが激しくなります。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly