川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

脳みそを、とことんまで絞りきる作業。

投稿日:

三沢の訃報に大ショック。

そりゃやっぱ、男ですもん。
わかりやすいヒーローっていうか、憧れだったというか。

時代に区切りがついていくような感覚って、ほんとに寂しい。

15日が締切の川柳、ようやく完成。合計37句。

地獄の苦しみー。

川柳って、たかが17文字、でも、されど17文字なんです。

レギュラーで投稿している雑誌や大会、イレギュラーな大会や雑誌など、様々な句会向けに
課題にあわせて色々な句を作るのですが、川柳の世界では「第一着想は捨てろ」とよく
言われるので、なかなか、その「次」が生まれてきてくれず、苦しみます。

既視感のある句って、自分で創っていても心に響いてこないし、活字に残したいとは
思いません。何百と句を創っていると、本当に時々、景色と感情が同時に動くような句を
創ることの出来るときがあって、そんな言葉に巡り会えたときは、感動を覚えます。

その感動を重ねたくて、ことばと向き合う時間を作り続けるのですが、自分の内面との対話は、
大半、苦しさの海にいて、光が見えてきません。

脇腹のしたのあたりを痛めたような感じで、軽い動きでも激痛が走ります。

金曜日は、行く先々で「老化もそこまで来たか」と言われました。
あぁ、何故僕の若さは認められない(涙)

ここ数日、ジョギングの距離を伸ばしていたので、身体が疲れているのかもしれません。

すこしだけ、休養して、また、ポニョと新しい景色を探しに行くことを楽しみに。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

宝物にします、学びのシート。

今日の西端の発表を聞いて、経営者の皆さんが貴重なアドバイスをプレゼントしてくださいました。 感謝感激、一生の宝物にします。 ありがとうございました。 …取り急ぎ。

兵庫県川柳祭。

当日句の発表は15時から。さて結果は?

心に元気を足す時間。

好きな音楽たちの映像を眺めたり。お気に入りの詩集を思うまんまに開いてみたり。 一日に、必ず一度は意識して作る時間。 満たされて今度は、さらにいいものを創り出せますように。

no image

自分をすごいと言ってしまう人、あの人はすごいと言われる人

「難しいことはよく分かりませんが」と前置きをして語り始める人の、難しいことを知り過ぎてる感。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年5月21日 頭の良い人の頭の良さを誇 …

多忙に見えて。

自分でも解読不能な手帳、メモ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly