川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

西端は東端から西端まで、明石を走り抜いて真っ赤になった。

投稿日:

明石の西端まで走りました。

今日は明石の東端から、西端まで、ジョギングで横断してきました。

真っ赤に日焼けして、風が吹いただけでも痛むんじゃないかっていうくらい。
でも、よく頑張りました。

自分のblogにしては短めのエントリーですが、あるテストを兼ねていますので、
とりあえず、この記事はこんなところで。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

元気ですか? 元気です。 喪中なんて、関係ないです。

「印刷」の仕事に携わってこの時期、年賀状は勿論だけれど「喪中葉書」の依頼を良く受ける。   人が死んだら、喪に服さなくちゃならない。   喪に服してる間は、おめでとうだなんて不謹慎だ。 あぁ、でもね。 …

no image

三日目の爪/土に水に光に。

添うて花にすることが目的であるのは、去年も今年も変わらない。土に水に光となることを、一つ一つの行動にリミットを決めて取り組む。「こなす」と「つくる」の役割の違い、「残したい、伝えたい」想いある人たちに …

バケツ会議に僕たちはどんな夢を見るのか

立派な机と椅子に座って、予定調和の議事を追いかけていく会議は面白くない。バケツに新聞を敷いて、方向性や足らずを話し合ってみる。不完全な形式を「どうして不完全なのだろう?」と考えながら本質を探り合うこと …

納涼。

水の中にもある季節。 ただ、秋を待ち秋を待ち。

月の庵。

明石駅前豆腐料理屋さん。 コース料理かと思ったら、居酒屋風でした。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly