川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

宮本武蔵と明石の関係。

投稿日:

どこまでも青と緑と蝉の声@明石公園。

IMG_1451

公園内の武蔵の庭園から明石城を望みます。

宮本武蔵の出生については諸説ありますが、兵庫県の高砂市であるというのが
一番有力だと言われています。

明石城下の町割り(=都市計画)は宮本武蔵が行いました。

写真に写っているのは樹木屋敷と呼ばれ、当時、武蔵が明石公園内に作ったものを
場所を変えて再現したものです。

芝生がとても気持ちいいですよ。

・・・今日は暑すぎましたけど(汗)

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

散歩。

行きたいかぎり、どこまでもいこ。

南条SAでは。

メロンパンをいただきました。うますぎました。 まだまだ、食わねば。

赤福氷。

乙女座の肌を冷やさねば。

積み上げていく光景のいつか、母の誕生日に添えて。

集えよー、祝えよー、食うどー。 なんて、ジュニアが言ったのかどうか。 主役が誰だか、わかってる? 囲んで、吹き消して、おめでとう。 夜景のレストランと、ケーキ。 そして、持ち寄ったプレゼントで、母の誕 …

no image

壊れたように泣いた、何故。

分かれ道があって、二択。 選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。 恐れるよりも、行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly