川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経営の勉強という言葉の裏側にあるもの – 分析麻痺症候群。

投稿日:

「週末、一泊二日の経営の勉強会に行ってきた」と話すAさんに尋ねてみた。
「ではその週末、Aさんの社員さんはどんな風に過ごしていたのですか?」

勉強会もいいし、コンサルの話に耳を傾けるのもいいだろう。

ただ、盲目的になってしまうと、それはとても白々しいものになってしまう。
どんな企業理念も、組織風土に馴染むものでなければ行動指針とリンクすることはない。
社員さんとのコミュニケーションを図ることが出来ないトップが、どんな経営の勉強会に参加したとしても
自己満足に陥ってしまうのではないか。これは避けたいところ。

留意しなければいけない同じような言葉で、「分析麻痺症候群」というものがある。

優秀なコンサルほど、この言葉の意味を経営者に説明しないのかもしれない。
その理由を想像してみることもまた、経営(商売)の勉強になるのではないだろうか。

さて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

ガチャピンとムックを奪った、誰かを叩いては安心する僕たちのこと

学校に行く前の番組はもっと、子ども向けのものが多かったような気がする。いつから、人の批判や噂話の類の内容で埋め尽くされるようになってしまったのだろう。ガチャピンやムックのような存在は、今の時代の子ども …

no image

笑っている記憶が最新で、本当によかった。

祖母が先ほど亡くなった。 言葉の種を植えてくれた人の再生、命の源泉である人の訃。自分のルーツについて考えさせられる歳末。 会いにいってきます。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata …

育児に夢中。

連日深夜0時過ぎまで、仕事、しごと。 年末の追い込みを皆、頑張ってくれています。 久々に早目に帰宅した今夜は。 12/15に孵化したばかりのコリドラス(熱帯魚)の世話に夢中。 癒されております。

no image

確かに受けとったもの、を、次に、どう。

去年、父を亡くしたとき、病院の方と葬儀会社の方が丁寧に父を清めてくださって、元気だったころのふっくらとした表情に再会することが出来ました。 死んでしまっているのに、不思議なものです。 その表情の父が自 …

no image

訃報 ― いつか選ばれたかったその夢は叶わずに。

うちの会社で毎月雑誌を作らさせて頂いている「川柳ふあうすと社」の泉比呂史主幹が亡くなられました。 9日は祝日ですが、葬儀に参列してくる予定です。 自分が代表になった御報告を兼ねて挨拶にお伺いしたいと考 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly