川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕の過不足、それも僕です。

投稿日:

吉瀬さんのことは、古瀬さん。

水川さんのことは、氷川さん。

― ときどき、多くて、足りなくて。

それも、僕です。 そんな、僕です。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

大輔にも。

バワーを。 大声で応援中。出たかった、WBC。

産卵。

産卵したっぽい。 大きさ、産みつけられてる場所からしたら、ハブローススかなあ?

夏は夏を緩めずに。

川面の風をいただきながら。 夏のまんなか。鉄橋の二両編成をのんびり眺めながら、靴紐を緩めている。 ときどき必要になる、こんな時間、こんな景色。

no image

反面教師を得ても、まだ、僕はまだまだの場所にいる。

新しい人が増えたということで、周囲の方々が最大限の配慮と気遣いをしてくれる。それがよく伝わってきて嬉しい。意気を感じることの出来る器は、自分も見習わなければ。 「教える」なんてのは、やっぱりちょっと、 …

no image

「淋しいですよね」 ― 陰口を連鎖させない、ツキを増やす言葉。

「西端さんのことをこんな風に言っていますよ」 そんな話を複数の人から聞くようになった。最初はそれに腹も立てていたが、色々な人が同じようにそれを伝えてくれるということは、結果、その方々は自分を支持してく …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly