川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

原色を忘れて。

投稿日:

原色に遠い、雨に霞む明石海峡大橋。

差さないままの傘を持ってジョギングをしている人がいた。
そうか、降り出せばウォーキングに切り替えたらいいのだと気付く。

言い訳は、道を隠してしまうね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

少し休もう。

愛犬じゅにあ、ベンチを見つめて。 犬は嘘をつきません。今日も穏やかな表情をして、そばにいてくれます。

no image

そういう仲に、君となりたくて。

ポニョー。 夜中の親父シャツには、  「風邪をひくよ?」「寒いよ?」 なんて言葉よりも  「職質されない?」 と案じてあげるべきだと思うんだ。 怪しさ満点。 警察官と、眼と眼で通じ合うそういう仲であり …

まもののむれがあらわれた。

>たたかう

父親の緊急入院。

祈。

no image

会話の主導権、相手の心に先回りして触れるということ

「春は花」「春の花」「春も花」。春は、春の、と書いたとき、読み手に浮かぶ季節は春のみですが、「春も」と書いたときは、春以外の季節も並列してしまいますね。桜や梅を思い浮かべる「春は花」という表現に比べて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly