川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

原色を忘れて。

投稿日:

原色に遠い、雨に霞む明石海峡大橋。

差さないままの傘を持ってジョギングをしている人がいた。
そうか、降り出せばウォーキングに切り替えたらいいのだと気付く。

言い訳は、道を隠してしまうね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明日の第一歩目、白か黒か、僕はもちろん。

同友会、例会。 今日は、会員はもちろん、ゲストの方にもとてもたくさん参加していただいた。 経営の海の、どのあたりにいるのか迷いがちになる中で、この集まりからはいつも熱く大きなエネルギーを貰って帰ってく …

播州清水寺にやってきました。

巡礼のたび、二ヶ所目です。山は色付いていて、そして寒い!

no image

動物を愛せる僕にしてくれた両親の愛。

「うちじゃ飼えないでしょー、捨ててきなさい!」 捨て犬や、捨て猫。拾ってきては駄目だといわれる、そんな光景。 うちの親については、それだけは一度もなかった。 むしろ、自分たちで拾ってくる程の動物好き。 …

no image

ダトウメザマシドケイ。

花粉症爆発。 むず痒さで集中力が出ない。周囲にも苦しみ始めた人がチラホラ。憂鬱。冬の舞い戻る予報にときめく。雪だるま、祈、今度こそ。 うん百万という損を出したライブドアショック。黒字にはまだ遠いものの …

海を渡るタコ。

勝敗を予想出来なくても、目的地へ、毎日海を渡っています。 おらが街、明石のタコフェリー。 今年の夏は、ビアクルーズなんてイベントもやっていますよ。 涼風に吹かれて、気持ちのいい時間なんて如何ですか。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly