川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

原色を忘れて。

投稿日:

原色に遠い、雨に霞む明石海峡大橋。

差さないままの傘を持ってジョギングをしている人がいた。
そうか、降り出せばウォーキングに切り替えたらいいのだと気付く。

言い訳は、道を隠してしまうね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

神戸チキンジョージでマイクパフォーマンスやってきます、司会やってきます

3月14日の月曜日に、神戸の音楽っ子なら誰もが憧れるチキンジョージで同友会青年部の卒業・褒章例会というイベントを行う。自分はまた、司会をやらせてもらうことになった。書いてある原稿をそのまま読むのではな …

no image

失敗とチャンスは表裏一体 ~障害という個性に同情をしたのではないのだから

耳の聞こえない作曲家。その楽曲を実際に作っていた新垣氏が、一時は大学を辞めることになったものの、学生たちの署名活動により処分が保留になったというニュース。いい話。 ゴースト新垣氏 学生が退職反対署名活 …

no image

今日の聞き間違い。

和田アキ子と押尾学、熱愛発覚。

神戸市立小磯記念美術館。

絵を見てもよくわかりませんが、絵に添えられた「解説」が言葉の勉強になります。初見学、いってきます。

川柳に向かう姿勢、感謝の余韻

父が亡くなったとき、自分でも納得のいく句をたくさん書くことができた。以来、句作に納得がいかなかったのは、それだけ心に触れることが少なかったということなのかもしれない。 生き方。会いたい人に会って、その …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly