川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書

笑とる仏 [写真・著/岩谷薫] ~ 加古川や姫路、播磨地区にお住まいの方にオススメの一冊

投稿日:

丁寧な取材をして編み上げられた一冊の本に出逢って、同じ地を訪れたくなることを至福と云おうか。

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]価格:2,415円(税込、送料込)

播磨の石棺仏を中心に、その写真はもちろん、云われなどが紹介されている。
石棺仏とは、古墳時代の石棺石材を利用して彫られた石仏のこと。鎌倉時代や室町時代の人々が祈りを込めて造ったもので、そのほぼすべてが播磨地方周辺に密集しているという。巻末にまとめられた地図を頼りに、優しい笑みを浮かべる石仏たちに逢いに行きたくなった。

特別な信仰があるわけではない。そこにあるものは「物質」かもしれず「存在」かもしれない。ただ、その前に居て、想いを念じた人たちの意識を感じるとき、ひとはちいさくも、大きなひとつひとつとして、その時代を構成してきたことがわかる。

日々の営みの中に祈りと願いがあるのは、いつの時代も。
毎日は、想いに満ちている。

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]
加古川や姫路在住の方、また、撮影することや優しい言葉の好きな方に特にオススメ。

Google

Google

-読書

執筆者:


関連記事

探偵ガリレオ ― 不思議と理屈と。

東野圭吾さんの『探偵ガリレオ』、読了。 探偵ガリレオ文藝春秋この本の詳細を見る でんじろう先生を思い浮かべながら読むと、より親近感がわく。 科学のことはよくわからないが、難しくなりすぎないところで主人 …

教科書に載った小説/佐藤雅彦編

教科書に載った小説という短編集を時々読み返す。教科書に載る意味、どんなことを感じ取ってほしかったのか、どんなことを感じるのか、選んだ人と読む人の両方の気持ちを想像して読めば感慨深い。国語の授業、小説を …

第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間を読んだ

第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間を読んだ。 「静」であることが多い文学作品の傾向に対して、コンビニ人間は「賑(動)」だと思った。最初から最後まで、ずっと映像がついてくる。だから難 …

no image

名探偵の呪縛 ― タイムマシンの向こうから。

名探偵の呪縛(東野圭吾さん)、読了。 名探偵の呪縛著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 288p 発行年月: 1996年10月 本体価格 571円 (税込 599 円) 送料 …

no image

闇の子供たち ― 梁石日著

【闇の子供たち(梁石日著)】、読破。 夕方から読み始めて、その間、携帯もシャットアウトしてずっと読みふけってしまった。 幼児売買、幼児売春、臓器売買、に、ついての生々しい表現の数々。後味の悪い結末。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly