川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書

笑とる仏 [写真・著/岩谷薫] ~ 加古川や姫路、播磨地区にお住まいの方にオススメの一冊

投稿日:

丁寧な取材をして編み上げられた一冊の本に出逢って、同じ地を訪れたくなることを至福と云おうか。

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]価格:2,415円(税込、送料込)

播磨の石棺仏を中心に、その写真はもちろん、云われなどが紹介されている。
石棺仏とは、古墳時代の石棺石材を利用して彫られた石仏のこと。鎌倉時代や室町時代の人々が祈りを込めて造ったもので、そのほぼすべてが播磨地方周辺に密集しているという。巻末にまとめられた地図を頼りに、優しい笑みを浮かべる石仏たちに逢いに行きたくなった。

特別な信仰があるわけではない。そこにあるものは「物質」かもしれず「存在」かもしれない。ただ、その前に居て、想いを念じた人たちの意識を感じるとき、ひとはちいさくも、大きなひとつひとつとして、その時代を構成してきたことがわかる。

日々の営みの中に祈りと願いがあるのは、いつの時代も。
毎日は、想いに満ちている。

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]
加古川や姫路在住の方、また、撮影することや優しい言葉の好きな方に特にオススメ。

Google

Google

-読書

執筆者:


関連記事

no image

回天特攻の島、大津島。人間魚雷は本当にあった話。

これまでに何度も読み返した漫画といえば特攻の島になるのだろう。人間魚雷の目となって、敵艦に突撃していく若者たちの命の物語。 産経新聞のなかで紹介されていた遺書は、消えてしまう己の命よりも家族を思いやる …

本に囲まれて生きる日が先か、床が抜けてしまう日が先か ~穂村弘さんの「にょにょにょっ記」を購入

にょにょにょっ記を購入。穂村弘さんは歌人なのだけれど、自虐的なエッセーが面白くて大好き。最初に読んだのは絶叫委員会 (ちくま文庫)という本だった。 いい加減本の置き場所がなくなってきて、最近は電子書籍 …

no image

放課後 ― もう時計は止まったままで。

東野圭吾さんのデビュー作、放課後読了。 放課後著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 353p 発行年月: 1988年07月 本体価格 571円 (税込 599 円) 送料込 …

no image

ハッピーエンドにさせてくれない神様ね ― 恋多き川柳。

川柳作家やすみりえさん、ハッピーエンドにさせてくれない神様ね読了。ハッピーエンドにさせてくれない神様ね やすみりえ川柳句集 著者:やすみりえ 出版社:新葉館出版 サイズ:単行本/89p発行年月:200 …

第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間を読んだ

第155回芥川賞を受賞した村田沙耶香さんのコンビニ人間を読んだ。 「静」であることが多い文学作品の傾向に対して、コンビニ人間は「賑(動)」だと思った。最初から最後まで、ずっと映像がついてくる。だから難 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly