川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

幸せの形はシャンパンタワー ~お通夜に参列して思ったこと

投稿日:2014年2月3日 更新日:

岡山、お通夜に参列。

岡山駅前

逝ってしまう人がいるということは、残される人がいるということ。残された人は、寂しさと同じくらいに「あの人は幸せだったのだろうか」という疑問に支配され苦しみを覚えることがある。生きている間にたくさん笑顔を残すこと、自然と笑顔になれるよう悔いのない選択を行うこと。最低限の節度を守りながら生きたいように生きる、その意味を改めて教えてもらうことができた。

満たされれば溢れる、幸せの形はシャンパンタワー

自分を削って他を幸せにしようとしても、削られた分だけ、誰かがその荷を背負わなければならない。僕は幸せの形はシャンパンタワーだと思っている。自分がてっぺんにあって、自分が満たされるように一生懸命に生きる、幸せを享受する。そうして溢れ出たものが周囲の人へと伝播していく。

削って与えようとするから「自分はここまでしてやったのに」という憎しみが生じるのではないか。まずは自分のグラスを満たすこと。贅の限りを尽くそうというのではなく、生の限りを尽くす。その結果として、ひとにプラスの何かを与えられた人生を幸せと呼ぶのだと信じたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

ミント神戸。

@三宮 震災の時見上げた空に、若者たちを吸い込んでいくビルが建ちました。街の躍動が眩しいです。

no image

今日はファミマのねーちゃんが。

やってこない。腹ペコなのに。 飛び込みでやってきたセールスの男の子としばし歓談。いや歓談て。

親戚が部屋に集まっての。

大騒ぎな宴会も終了。いつまでもここは、心の故郷に直通する居場所ですね。 さて、部屋に戻って、余韻に浸って。 少しだけ、本を読んでから、ゆっくり休みたいと思います。 明日は松本城を見学してきます。おやす …

no image

身体は焦げて、心は燃やして。

5日はジュニアの、6日はジュリー(昔飼っていた犬)の誕生日。 ジュリーのお墓参りを終えてから、墓園のすぐ近くを流れる川で蛍を眺めるのが毎年の恒例行事。年々訪れる人が増えてきているような気がする。網を持 …

ボルタレン追加。

痛み止めにボルタレン貰いました。 背中の痛み、相変わらず。長引くなぁ…

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly