川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

投稿日:2014年2月15日 更新日:

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶
木下龍也
つむじ風、ここにあります

ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。

華やかな舞台、栄冠。その瞬間までには、どれだけの孤独と苦難があったのだろう。夢は目標にして、追いかけなければ実現しない。とはいえ、夢だけを口にした生き方も受け入れられず、保険をかけたような生き方を歩んでは、抱いた憧れを少しずつ封印していく年齢の重ね方がほとんど。押入れには微かに、そんな痕跡たち。

楽器屋に立ち寄っては、鍵盤で遊んでみたりする。そんな人生はどうだろうと本気で悩んだ海岸を、僕は久しく訪れていない。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

no image

[短歌鑑賞]この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう/東直子

この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう 東直子 十階 短歌日記2007 明石駅に降り立った父は、ホームからお城を望む光景をいたく気に入って、この街に暮らすことを決めたという。お堀が …

no image

[短歌鑑賞]真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない/中島裕介

真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない 中島裕介 もしニーチェが短歌を詠んだら 効率のいい方法、近道。 検索すればいくらでも答えに辿り着けるようになって、打たれ強さを育む「必要な無駄」と …

no image

[短歌鑑賞]あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり/今上天皇(平成)

あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり 今上天皇(平成) 天皇陛下:水俣など訪問地を題材に短歌 天皇陛下は全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会にちなむ歌を詠まれ、毎年、その …

[短歌鑑賞]かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど/石川啄木

かの時に言ひそびれたる大切の言葉は今も胸に残れど 石川啄木 一握の砂 血圧や呼吸、心拍を伝える集中治療室のモニター。僕たちは父の顔をみて危機を知ったのではなく、赤くなった数字の色と響き渡る電子音によっ …

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする 木下龍也(twitter) つむじ風、ここにあります 新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly