川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

上手にフォークやナイフを使うことよりも、笑って「おかわり」を言える自分でありたい

投稿日:

口角を上げて笑うことを意識している人に会うと、自分のトークでは自然な笑みをこぼしてくれないのだなぁという気になる。
[川柳]ジョーカーのいない笑顔は信じない | 短歌と川柳とマカロニと

礼儀や作法やマナーや常識や。

そういうのって手段なんじゃないかな。大切なことだけれど、目的ではない。その先にある人との関わり合いを深めるための共通言語のようなもの。「あの人はマナーにうるさいから、一緒に食事に行っても面白くない」となってしまうと、本末転倒のような気がする。上手にフォークやナイフを使えることも大事だけれど、型を意識しすぎるよりも自然な笑顔で「おかわり」と言える人の方がきっと素敵だ。

マニュアル通りにやるのではなく、マニュアルを知ったうえで嫌味にならない振る舞いを意識する。あるいは、マニュアルを破ってしまう。きっちりとした自分で臨むよりも、「君はそんなことも知らんのかー」とツッコミをいれてもらいながら食事をする方が、特に関西の、特に若い人たちの場合は有利に働くこともあるのではないだろうか。

「足もとを見れば一流かどうかわかる」と言われると「足もとで一流かどうかを判断する人なんだな」と距離を置いてしまう僕は天邪鬼。
[川柳]安物で生きてきたから逢えました | 短歌と川柳とマカロニと

第一印象でその後が決まるという説もあるけれど、第一印象で期待値を上げ過ぎてもしんどい。

「ずっと委員長をしていた真面目な人なのに、こんな悪いことをするだなんて」と「先生の言うことも聞かない悪ガキだったのに、今じゃこんなに立派になって」だとどちらの方が生きやすいか。僕はこれを「委員長理論」と呼んでいて、負から正へのギャップを意識するようにしている。

…と書いておけば、僕のマナー知らずや無作法も許されるのではないかという計算もあるのだけれど。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

改善は永遠の螺旋 ~失敗をすること、失敗で終わらないこと

「あ、なんか腹が立つなぁ」 特に理由もないのにこんな気持ちになるときは、大抵、自分にはなくて相手にある何かを妬んでいるとき。少し待ってから素直に敬意を持つことができれば、自分の人生はもっと穏やかになる …

no image

ドン底と比べる、今のこの程度

大阪にもたくさんのお客さんがいるので定期的に訪れることにしている。梅田の駅周辺は人通りも多く賑やか、そして皆、歩くのが速い。暑くて熱い街だ。自分のような人間にはテンポの合わないことも多いが、置いていか …

しょこたん風blog。

スピーチのことばかり考えてた。

夕食も。

食わねば。 今日は、他に泊まり客はいなくて貸し切りだそうです。

大地をしっかり踏みしめて。

こうやって、明石の平和を守るきに。 土佐弁、まちごーとりゃせんかの。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly