川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

感情の総量、再び。カフェインの総量、増えすぎ。

投稿日:

心がプラスになる出来事とマイナスになる出来事は、最終的にはプラマイゼロになるようになっている。そんなことを以前、感情の総量というタイトルで書いた。

感情の総量、人間の器、万事塞翁が馬、そんな色々を考えてみた | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

いいことが続けば蹴躓かないよう石ころに注意を払うべきだし、悪いことが続けば心浮く何かの出現に前向きになってみる。そうやって心の構え方を決めておけば、動じることなく、他を許容しながら日々をこなしていける。

それでも、プラスがいくつか続くと浮かれてしまうのもまた僕の弱さで、戒めるような重たくて黒い壁の突然の出現に心臓をぎゅっと握られたような気持ちになった。半年以上も前からプレッシャーのかかっていたイベントたちの本番が、もうすぐやってくる、もうすぐ終わる。その解放感に浸る自分のイメージを強くしたときだから、このタイミングにもきっと意味があるのだろう。黒が白く透明になっていく想像を強くして、何とかなるのではなく、何とかするという気概で臨みたい。

経営に生かす言葉の力の発表の日も近づいてきた。ある程度話すことは考えているのだけれど、当日集まる人の顔ぶれや雰囲気も見ながら内容は変更したいと思っている。こういう機会のあるたび、アドリブがうまくいくかどうかが不安になって体調を崩す。考えすぎて摂る、カフェインの量も原因なのかもしれない。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

キリンビアパーク神戸。

試飲中。

水筒の余生に見た、限界なき可能性。

「元気ですか?」と気遣ってくださるような優しい方に「それが最近体調を崩してまして」などと答えては、さぞかしご心配をおかけしてしまうだろうと「ええ、おかげさまで」と返事をする。その後の「ところで今度の選 …

生き地獄。

休診(涙)

no image

地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ – 神戸らしく、大人らしく。

阪神淡路大震災の時、僕は大学受験生だった。瓦礫の街、受験地に向かうため代替バスを待つ僕を、周囲の人は風邪を引いてはいけないからと、声をかけあって先に乗せてくれた。京都の宿舎に着くと、ホテルの人がパンを …

no image

ときどき人を刺している。

「女性は子供を産む機械」  「辞めろ」 ならば。 「子供作ったらいいじゃないですか?」 「お子さんまだですか?」 とて。 他人を傷付けるという意味では同じこと。 いろんなモノサシ、いろんな全力疾走。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly