川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々/笹井宏之

投稿日:2014年8月20日 更新日:

だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々
笹井宏之
てんとろり

放課後や夏休みは永遠に続くように思われた。幾つもの夢を語り合って、世界は僕たちの手のひらをコロコロとした。悔し涙もたくさんあっただろうに、むかしむかしはいつもキラキラとして薄く開いた瞼の遠くに映る。約束はもう、笑い話になりましたね。

8月の折り返しを過ぎて砂浜の人影が減る。「なつがはじまった」よりも海が輝いて見えるのがいつも不思議。届きそうな気がして声を出してみる、届くはずがなくて声は波に消える。知っているよりも知らないことの多かったほうが幸せだったいつか。勢い、海は詩になっていく。

入れ替わった空気、月にバトンが渡るまで。何百回と横顔を眺めたような気もする、でもあるいは、ほんの数回のことだったのかもしれない。この時期のことは何度も詩に描いてきたけれど、波や汽笛やテトラポッドの感触を覚えているだけで、永遠の約束は言葉にもならない。薄い誓いを繰り返してばかりだったのか、それとも、淡い自分の傷付きやすさを知っているからなのか。

引用元:[短歌鑑賞]助手席のクーラーからは八月の土のにおいが漏れて 遠雷/山崎聡子 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

甘い夢や淡い約束はテトラポッドの上に置いてきたつもりで、時々、たらればの未来に飛んでいく束の間の遊戯。

引用元:[川柳]夏の背に忘れたはずの潮の音 | 短歌と川柳とマカロニと

日の暮れる早さを知るようになるのもこの頃。こうして、夏は残響になっていく。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。 夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色 …

no image

穂村弘さん監修の「はじめての短歌」に呻りっぱなし ~穂村弘さんってどんな人?

「短歌で自己表現をしたい」「短歌がもっと上手になりたい」と思う人には最適な教科書であるのは勿論、穂村弘さんならではの文体が読み物としても面白い。それがはじめての短歌。いろんな人に穂村さんの魅力を知って …

no image

[短歌鑑賞]真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない/中島裕介

真実がもしも山なら君たちが登ったところで徒労ではない 中島裕介 もしニーチェが短歌を詠んだら 効率のいい方法、近道。 検索すればいくらでも答えに辿り着けるようになって、打たれ強さを育む「必要な無駄」と …

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

no image

[短歌鑑賞]あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり/今上天皇(平成)

あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり 今上天皇(平成) 天皇陛下:水俣など訪問地を題材に短歌 天皇陛下は全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会にちなむ歌を詠まれ、毎年、その …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly