川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

紙は触れて匂って決めてください ~神戸の印刷屋からの提案

投稿日:

「わかるーーーー」と思いながら読んだ記事をご紹介。

さわり心地とにおいがいい辞書はどれか – デイリーポータルZ:@nifty

新しい紙幣の匂い、辞書の紙質。自分が印刷屋をやるようになって色々な紙に触れる機会はあったけれど、やっぱり好きなのはこの2つ。紙幣の香りは新札で渡されることの多かったお年玉を連想させるから余計にテンションが上がるのかもしれない。

販促の心理学や印刷物を提案している前川企画印刷でも、実際に触れて選んでいただけるよう紙のサンプルは取り揃えている。これまで匂って決めたお客様はいなかったけれど、案外、サンプルを持ち帰って鼻を利かせている方も多いのではないかと思っている。クンクン大歓迎。

印刷をする「だけ」なら安いところはいくらでもある。僕たちは印刷という「手段」で、お客さんの目的を実現させる。お客さんの目的を実現させるためには、お客さんのお客さんを想像することだ。チラシの印刷は100枚からでも承っているし、その制作と内容の提案にはいくらでも時間をかけて打ち合わせを行う(だから急ぎの仕事はお断りすることもある)。売るのではなく選ばれるための全力投球。安くすることよりもリターンの大きくなる最適解をお客さんと一緒に模索していくことを信条として、これからも仕事に取り組んでいく。

ので。

匂ってみたい方はお気軽にその旨を、どうぞ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

神戸で一番お客様主義でありたい制作会社とは。

朝から名谷のMさん宅へ原稿を受け取りに行く。 会社に戻って入力開始。事実上の仕事始めなので、取引先の方が次々と挨拶にいらっしゃった。 どうぞ今年も宜しくお願いします・・・。 どなたがお越しになるのかわ …

期待の下を潜ってしまう残念と、虫たちの見上げて歌う秋空と

社内のこと。 期待値を下げて跳び越えてきやすいようにしていたのに、その下を潜ってきたことは残念だった。すべての指示を出してしまえば指示待ち人間になってしまうし、黙っていれば伝わらない。想像をすることが …

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

関西で商売をする人がチラシやポスターを制作するときに心がけてほしいこと

一目でチラシの内容がわかってしまうことが良い場合とダメな場合とがある。 これとかオケのチラシではない感がある https://t.co/GlBgKbLQGO — ぱろすけ (@parosk …

no image

表現にこだわって、姿勢を改め意識する。

「下請け」や「業者」という言葉を使わないようにしています。 下に見られるのも、下に見るのも嫌。仕事は、いつも対等でありたい。 そこで、あえて「取引先」というような言い方をして、それを自分に言い聞かせて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly