川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

見えないものを売る人は、納得や共感を呼ぶための感動を最初に魅せる必要があるのかもしれない

投稿日:

「走るはランナーだし、歌う人はシンガーだ。でもねどう思う?あれじゃただの『ティーチャー』だよ」

Aさんが憤っている。確かに僕たちはランナーに日々の鍛練を想像するし、シンガーには美しい歌声を期待する。Aさんは同じ気持ちで、自分の商売に提案をしてくれる人を招いたらしい。ところがその人は、現場にやってきて会社の問題点を指摘、理論のいくつかを伝えることに終始して、Aさんの期待していた売上に関する提案は一つも出してくれなかったそうだ。

広い意味でのコンサルタントが増えてきて、そのなかで、それぞれの得意を伝えるカタカナも増えてきている。僕自身は「自分の商売は魚屋さんや八百屋さんのように『~屋』で語れるようでありたい」という考え方をする古いタイプの人間なので、その傾向に戸惑うこともある。ただ、商売の本質は変わらずとも、必要とされる知識や技術は時代によって変化するものだし、様々な形態で起業する人が増えてきているのは素直に喜ぶべきことであるとも考えている。新しい概念を生業とする側が、自分はこれが得意であると思いこんでいても受け取る側も同じ風に感じるとは限らないという想像力を発揮できるようになれば、いろんな化学変化がそれぞれの商売を活性化していくのだろう。

「で、どうしたんですか?」
「態度の悪い生徒は廊下に立たされるって決まってるやん」

笑いながらAさんは答える。

商売人の頑固、カタカナたちの新しい風。見えないものを売る人は、納得や共感を呼ぶための感動を最初に魅せる必要があるのかもしれないね。そんな風にして、お互いの良くなっていく関係が芽生えたら良いなと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

no image

三方良しのブログ運営 ~堂本兄弟(フジテレビ)で「お日柄も良く」の話題が出た

フジテレビの堂本兄弟という番組で「お日柄も良く」の話題が出たらしい。堂本剛さんのお父さんがPTA会長だった頃、雨の日であるにも関わらず「お日柄も良く」という挨拶をしたという笑い話。ところが実際は、この …

商売は相手の高さに膝をつかなければ 〜ライティングだけではなく撮影のご依頼が増えてきたことについて

大阪、難波、通天閣周辺での撮影取材。 最近は文章だけではなく、撮影も一緒に頼まれる機会が増えた。曰く、格好良い写真や動画を頼める人は多いらしいが、等身大や面白おかしく演出を依頼できる人は少ないそうだ。 …

no image

売ると選ばれるの違い ~商売は一日にして成らず

たとえばうどん屋さんが、「うちのうどんはオススメですよ」と毎日ネットに書いていたとする。 足を運んでほしくて伝え続けていたのだとしても、読んでいる側は「読まされている」のであり「売り込まれている」わけ …

no image

話をしながら、瞳をのぞく。理解はどうか、熱は伝わったか、未来を見たか、自ら動くか。

これから決算書を作っていく必要はあるものの、会社として、ひとつの期を終えることが出来た。生き残ることが出来た。そして七月一日。経営者として10年目となる新しい一年が始まる。 SWOT分析なんて言葉があ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly