川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

詩を書くようになったきっかけ

投稿日:2017年1月5日 更新日:

不純な動機で詩を書くようになった。

小学生だったころ、毎日、大学ノートに一ページだけ「自主勉強」をすることが先生によって課せられた。クラスメートたちの多くは計算問題を解いたり漢字を書いていたようだが、僕は昔もいまも、真面目に作業をすることが大の苦手だ。行間を埋める作業がどうにも苦痛で、それならば、とノートに大きな文字で詩を書くようになったのがきっかけである。

詩作は作文とは違う。何かを説明するのではなく、心に浮かんだものを抽象的な言葉で表現すれば良い。乱暴な言い方をすれば、「机の上に鉛筆がある」という事実を「心を投影する道具を前にして、僕は目を瞑ってしばらくを過ごす」と書けば、それが詩として評価されるのである。朝に自由勉強ノートと称されたそれを提出すると、先生は教室の後ろの黒板にそれを書き写してくれた。苦痛から逃れたくてやったことが、たまたま評価されて、僕は詩を書き続けるようになったというのが実際のところなのである。

「すべてを伝えずに、読み手に想像してもらう」という表現の仕方は、そのまま、コピーライターの仕事に応用できるようになった。僕の言葉のルーツはASKAさんだが、不純な動機で始めた習慣を先生が評価してくれなければ、今ごろはプロ野球選手になっていたかもしれないなぁと考えることがある。

想像は自由だ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

大人になったんだなぁと思う。

「今年って、昭和でいえば何年だっけ?」 利用頻度でいえば、子どもの頃の「いつ?何時何分?地球が何周回った?」と同じくらいなんじゃないか。 大人になったんだなぁと思う。

no image

川柳を通じて、広がり、得るもの。

小僧さん、はじめまして。 コメント欄で、お褒めいただきありがとうございました。身に余る光栄です。 川柳は、短くも、その中に人の心を投影する不思議な魅力を持っていますね。いまは、共感する句に出会えたり、 …

no image

お役に立ちたい3月の半袖。

朝一番で、社内の打ち合わせ。やっぱり何か面白いことをやってみたくて、と、ある実験をしていました。 『神戸で前川企画印刷を見かけたら・・・』 まだ、詳細をベールに包んでは、焦らしてみせるのです。 様々な …

ふあうすと川柳社80周年記念大会。

今日は大会。印刷で貢献しているからと、感謝状をいただきました。有り難いことです。 さて、ここからは一柳人としての参加。 句は選んでもらえますでしょうか。

同友会の仲間と過ごす深夜の時間、コンビニ前の猫は希望を見上げて

同友会の青年部、仲間たちと深夜2時過ぎまで会議。 出し合うアイデアの向かう方向は「誰に、どうなってほしいか」。ターゲットを決めて、その人の持って帰るお土産をイメージする。思考のプロセスは商売と同じ。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly