川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

詩を書くようになったきっかけ

投稿日:2017年1月5日 更新日:

不純な動機で詩を書くようになった。

小学生だったころ、毎日、大学ノートに一ページだけ「自主勉強」をすることが先生によって課せられた。クラスメートたちの多くは計算問題を解いたり漢字を書いていたようだが、僕は昔もいまも、真面目に作業をすることが大の苦手だ。行間を埋める作業がどうにも苦痛で、それならば、とノートに大きな文字で詩を書くようになったのがきっかけである。

詩作は作文とは違う。何かを説明するのではなく、心に浮かんだものを抽象的な言葉で表現すれば良い。乱暴な言い方をすれば、「机の上に鉛筆がある」という事実を「心を投影する道具を前にして、僕は目を瞑ってしばらくを過ごす」と書けば、それが詩として評価されるのである。朝に自由勉強ノートと称されたそれを提出すると、先生は教室の後ろの黒板にそれを書き写してくれた。苦痛から逃れたくてやったことが、たまたま評価されて、僕は詩を書き続けるようになったというのが実際のところなのである。

「すべてを伝えずに、読み手に想像してもらう」という表現の仕方は、そのまま、コピーライターの仕事に応用できるようになった。僕の言葉のルーツはASKAさんだが、不純な動機で始めた習慣を先生が評価してくれなければ、今ごろはプロ野球選手になっていたかもしれないなぁと考えることがある。

想像は自由だ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

桜の葬列と、たくさんの父と

カレンダーを読める桜の不思議、色々調べていると東京の桜(ソメイヨシノ)の開花日と満開日を紹介しているページを見つけた。戦争のあった頃だけ欠測になっているのは、つまりそういうことなんだろう。 4月2日は …

?(はてな)を自分に向けられるかどうか会議。

チラシとパンフレットは違うのです。 パンフレットは書きたいことを全部書けばいい。でも、チラシは、見る側に「見ない自由」があります。 だから、まず、どうやったら「見て貰えるか」ということを考えなくちゃい …

くたびれた。

もうすぐ帰宅。

no image

選ぶとは選ばないこと ~川柳コンテストの審査員を務めて

昔、とある人を想って「祈ってますからね」と伝えたところ、「自分には特定の信仰がありますので、それ以外への祈りはやめてほしい」と返事をされてしまったことがある。以来、どうにもこの「祈る」という言葉を使う …

入道雲に向かって。

アクセル全開! 東の空の下でもお役に立てますように。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly