川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

二極化の未来 ~色鉛筆の数だけ事実はある

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スマホに指を滑らせれば、僕たちはいとも簡単に、恋人に愛の告白をし、裁判官の顔にもなれるようになった。

便利になっていく世の中で、僕たちはひとつひとつの事象に、極端な白と黒の色付けをしようとしてしまっているのではないかと危惧することがある。色鉛筆の数だけ色合いはあって良いと思うのに、終列車に急ぐように、僕たちは色付けをしたがっている。誰かの決めた色に従いたがっている。

色を少しだけ薄めて、誰かの決めた色を拒絶してみれば、浮かぶのは、そこに集うひとりひとり、そして家族の存在である。叩かれるために生きている人はいない。

明日は我が身。真っ白もなければ、真っ黒もない。僕がそうありたいように、僕の周囲の世界のことも、白と黒以外の色鉛筆で描いていきたいと思っている。許されたいように許していく。自己保身のためだと言われようと、それだって僕の色鉛筆なんだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

Apple WWDC2009基調講演。

海の向こうで始まりました。 実況サイトを眺め中。新しいiPhoneは発表されるかな?

MOTHER3(マザー3)。

連休中にクリア。泣いたー。 気の強い例の女性を「わだあきこ」と命名してしまったことだけ後悔…。

no image

裁くのは法、償うのは本人、許すのは周囲、許してほしいのは僕たち

「また呼ばれるでしょうね、そのうちね」との有野の発言に加藤は、「ヤツが帰ってきたら、呼ばれるのかな」と相方・山本圭一を思わせる発言をした。 引用元:加藤浩次「アッコにおまかせ!」を降板した理由を聞かれ …

no image

ASKAさんの700番 第二巻/第三巻を読んだ

僕は実際には彼の物を盗んではいない。ところが、彼は周囲に「西端に盗まれた」と言って回ったとする。弱い立場の人間の発する言葉はいかにも信ぴょう性があって、僕はいとも簡単に罪びとに仕立て上げられてしまう。 …

ロボット大図鑑。

@明石文化博物館 ロボット、かっくいー。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly