川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

二極化の未来 ~色鉛筆の数だけ事実はある

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スマホに指を滑らせれば、僕たちはいとも簡単に、恋人に愛の告白をし、裁判官の顔にもなれるようになった。

便利になっていく世の中で、僕たちはひとつひとつの事象に、極端な白と黒の色付けをしようとしてしまっているのではないかと危惧することがある。色鉛筆の数だけ色合いはあって良いと思うのに、終列車に急ぐように、僕たちは色付けをしたがっている。誰かの決めた色に従いたがっている。

色を少しだけ薄めて、誰かの決めた色を拒絶してみれば、浮かぶのは、そこに集うひとりひとり、そして家族の存在である。叩かれるために生きている人はいない。

明日は我が身。真っ白もなければ、真っ黒もない。僕がそうありたいように、僕の周囲の世界のことも、白と黒以外の色鉛筆で描いていきたいと思っている。許されたいように許していく。自己保身のためだと言われようと、それだって僕の色鉛筆なんだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

ふわっと

「西端さんのあんな感じの文章でお願いしたいんですよ」 「どんな感じ?」 「そうですね、ふわっとした感じの」 「ぐわっと?」 「いえ、ふわっと」 「しゅわっと?」 「ちゃんと考えてくれてます?」 「だか …

上板SA。

何を食べるか、それが問題だ。(基本的に食べまくり旅行です)

no image

ピアノの演奏を人前で披露するということ ~YESから始めてカタチにしていく

表現力のルーツになっているのは親が20年もレッスンに通わせてくれた「ピアノ」だし、経営者のルーツになっているのは親の「商売人」としての姿だと思っている。 先生に怒られてばかりのレッスンが大嫌いで、演奏 …

no image

今日の聞き間違い。

和田アキ子と押尾学、熱愛発覚。

no image

自信がある、なんて、自分へのおまじない。

経営者が分析することばかりに注力して、なかなか行動に移せない、あるいは、リスクを取った選択が出来ないときの状態のことを【分析麻痺症候群】といいます。 判断に迷ったら、自分の信条を投影させた経営の理念に …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly