川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

二極化の未来 ~色鉛筆の数だけ事実はある

投稿日:2017年1月9日 更新日:

スマホに指を滑らせれば、僕たちはいとも簡単に、恋人に愛の告白をし、裁判官の顔にもなれるようになった。

便利になっていく世の中で、僕たちはひとつひとつの事象に、極端な白と黒の色付けをしようとしてしまっているのではないかと危惧することがある。色鉛筆の数だけ色合いはあって良いと思うのに、終列車に急ぐように、僕たちは色付けをしたがっている。誰かの決めた色に従いたがっている。

色を少しだけ薄めて、誰かの決めた色を拒絶してみれば、浮かぶのは、そこに集うひとりひとり、そして家族の存在である。叩かれるために生きている人はいない。

明日は我が身。真っ白もなければ、真っ黒もない。僕がそうありたいように、僕の周囲の世界のことも、白と黒以外の色鉛筆で描いていきたいと思っている。許されたいように許していく。自己保身のためだと言われようと、それだって僕の色鉛筆なんだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

被害者同士の比べっこ。

「神戸のときと比べればマシだ」という論調があるのは、ちょっと悲しいな。

天才の描く『ふくろう』。

美術はいつも『2』でした。

no image

デザイン事務所と大喧嘩。

外注さん。 この人間は、いつでも「金はー? 金はー?」と聞いてくるので正直付き合いたくなく、気分が非常に悪かったのですが、ついに喧嘩しました。キレてしまいました。 あぁでも。 元々の仕事の発注主に迷惑 …

no image

身体は焦げて、心は燃やして。

5日はジュニアの、6日はジュリー(昔飼っていた犬)の誕生日。 ジュリーのお墓参りを終えてから、墓園のすぐ近くを流れる川で蛍を眺めるのが毎年の恒例行事。年々訪れる人が増えてきているような気がする。網を持 …

あのあと、さらにもう一つのアーチを描いた、のに。

見上げるサクラもいいけれど。 足元のオイラも忘れてもらっちゃ困るぜー。 なんて声も聞こえてきそうなチューリップ。 膝を曲げてあげて、今日の背伸びをパチリ。 こんな春の陽気に。 4番が3連発で負ける?  …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly