川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

吹奏楽部vs卓球部。正論っぽい雰囲気で場をまとめていく難しさ。

投稿日:2017年2月15日 更新日:

頼まれてもいないのに自ら意見を伝えたのならばともかく、「意見を聞かせてください」と言われたのだから、思うところを伝えた。すると彼は、上手にラリーを続ける卓球選手のように、僕の意見のすべてに反論を述べてきた。(だったら最初から聞いてこなければいいのに、意見を聞いたというプロセスのアリバイ作りに使われちゃったなぁ)と、悲しい気持ちになる。一方、空気を読んで、そんなアリバイ作りに協力することもまた、全体としての調和をとるためには大切なことで、今はその役割を担うタイミングなのかなぁと考えたりもする。

会議や議論の場で、そういう役割を自然にこなせる人は頭が良いなぁと思う。僕はそれを「透明な階段」と呼んでいて、目標や落としどころ(結論)に向かっていくためには、カタチには残らないけれど、必要なステップだと考えている。問題はそれを誰が担うかで、僕以外の誰かがそれをこなしていると「すごーい」と思うし、僕自身がそれを(気が付けばいつのまにか)担わされていると「こんちくしょー」と思う。

正論を正論としてぶつけるのではなく、正論っぽい雰囲気で場をまとめていく。これは本当に難しいことで、すぐに感情的になってしまう自分はまだまだだ。そうして僕は、吹奏楽部だったにもかかわらず、今日も卓球の試合に駆り出されるわけである。ピンポン。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

バスが爆発! ― 1月に出逢えたお客様限定の、トークでした。

【バスガス爆発】で、早口言葉を言おうとしたら、失敗しますよね。 では試しに【バスが酢爆発】という字面を頭に思い浮かべながら、声に出して早口言葉を言ってみてください。 ・・・幸せになれました? 2009 …

no image

勇気のストーリーにしたい、闘病記。

週末、お客さんであるお医者さんに食事に誘われる。 本来こちらが接待する立場であるに関わらず、遠慮なくおごられてしまう自分、そして、そう甘えきってる自分も大好き。可愛がられるということも一つの技術だよ。 …

犬や猫のためにある踏切

犬や猫のためにある踏切。 実際は違うんだろうけど。 相手の高さに合わせる、相手がどこから見ているか考える。そんなことを学ぶのも、犬や猫のためにあるのだと思うのも自由。犬や猫のための踏切警告灯なんだと考 …

no image

こんな警察になら、いくらでも税金を払いますとも。

まだまだあぶない刑事今秋公開ですかー!! このニュース、まったく知りませんでした。感激! 楽しみだなぁ。

大阪空港。

お見送り。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly