川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験は何よりも貴い。知っていることよりも、やっていることを大切にする。

投稿日:2017年8月26日 更新日:

「知ってる」んじゃなくて「やってる」から聞きたいんだよね。

たとえば「自分が人を雇うとすればこうする」というのではなく「自分は人を雇ってこんな風に接してきた」という話。たとえば「自分が大根料理を作るならこんな風にするではなく「こんな風に大根を煮たらとても美味しかった」という話。僕はそう。知識ではなく、経験に敬意を持つ。

経営者たちのアンケートを基にして、どこかの大学の先生がそれについての考察を話をするというのもあるけれど、正直、その内容をちゃんと覗いたことはない。だったらそれで、実際に会社をやってみておくれよ。経済を良くしてみておくれよと思って反発してしまうので、あえて、そういう話には耳を傾けないことにしている。まぁつまり、自分の感情の問題。

経験は何よりも貴い。100回の議論と検討を重ねた人よりも、100回失敗した人の方を僕は評価する。失敗しないように何もしないことを選ぶよりも、失敗に向かっていくつもりで動いていく人が大好き。「そういう人が好き」という評価はブレない。だから、自分の仲間にもそれを求めるし、これからの限られた時間、僕はもっと、「知っている人」よりも「体験してきた人」との時間を大切にしていくことにする。

えらい人たちの話は難しくて自分にはよく分からない。理解している人同士の話に背伸びをしてしまうよりも、僕は現場にいて、人と接していたいなぁと思う。そんな生き方を宣言して、場を、取捨選択していこうと考えている。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

僕を成長させてくれる、温かな人たちとの。

 「感染りそうだから、すぐ帰るわー」  「電話で良かった。その声ひどすぎ、行ってたら一発でアウトだったな」 来るお客さん、電話でかかってくるお客さん、異口同音に同じことをおっしゃる。 ちょっとした森進 …

no image

突然の訃報、空っぽの風が吹き抜けて。

朝一番でこぶたさんの訃報。 40歳、若すぎる旅立ち。ほんとに心の優しい素敵な方だった。 肺がんという重い病気を患いながらも、決して、後ろ向きにはならず、同じ境遇の人たちに、「がんばれ」とエールを、「が …

no image

目指すべき、横文字の仕事。

首の痛み、続く。 冷えを感じるとそれを自覚するのは、もしかすると、ちょうど去年の今ごろ事故に遭った、ムチウチが再発しているのかもしれない。 痛み止めを飲んだり、湿布を貼ったり、スプレーをかけたり。 頭 …

no image

何を選んで、何を選ばないのだろうね

飲み会が好きそうだと言われるが、その場にいない誰かのことを肴にして飲むのは得意ではない。自分の愚痴をこぼして相手に聞いてもらうのも申し訳ない気がするし、アドバイスが返ってくれば、それはそれでプレッシャ …

no image

小さな図書館の存続の危機 ~大宅壮一文庫

東京にある大宅壮一文庫は、五木寛之さんや立花隆さんも通った雑誌専門の小さな図書館。ここが今、存続の危機に立たされているという記事。文中の言葉が良かったので引用にて紹介する。 「『1つの情報1個をうのみ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly