雑記

それぞれの、相応の。

「食べ放題」や「おかわり自由」なお店だけを選んで通った大学時代、その仲間たち。あれから10年以上の時間が過ぎて、久々の再会は居酒屋。外見もおっさんそのもので、会話も年齢相応のくたびれたものになってしまうのは必然。焦りを覚えていながら、改善の一歩を踏み出せないことも、それぞれに同じ。

それでも。

お互いの変わらない部分に安堵して、何でも話し合えることが嬉しい。建て前に生きて、社交辞令で飾りあってる。その束の間の、本音、本音。

何をどんな言葉で伝えても許しあえる、その線も心得ているからこその解放感。背伸びも飾りもなく、お互いのアレコレに言及しあった。一生の仲間、ずっと大切にしていたい。

帰りの電車では、もう、いつもの顔に戻って仕事のメールを書いていた。
与えられていることに感謝しながら。ここに並んでいられるよう、頑張ろうと思いながら。