川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

挨拶文やスピーチの文章作成や添削のご依頼 ~商業ライターと詩人のちがい

投稿日:

この時期になってくると、新年度の人事に伴う挨拶文やスピーチの文章作成や添削のご依頼が増えてくる。

体裁を良くするために文章を綺麗にし過ぎると、既視感のあるものが出来上がってしまう。その人らしさを大切に、その話を聞く人たちの表情を想像しながらリズム感のある文章に整えていく。挨拶の類は音になってひとの印象に残るので、起承転結を意識する以上に、伝えたいことを言葉を変えて何度も織り込むのがオススメ。綺麗に書くのではなく、相手の心に刻むように伝える。そのためには音を意識する。いま、こうして、同じ意味のことを二度書いた。どんな風に印象に残っただろうか。

商業ライターの立場で仕事をするときは、「誰に」「何が」伝わるようにするかを大切にする。鮮明なイメージ。一方で、短歌や川柳の詩歌を詠むときは、読み手の想像力に委ねるように言葉を選ぶ。「食欲の秋」とはっきり書いてしまうか、「見上げればどこまでも高くて澄んでいる」と書いて秋を伝えるのか。あたまのなかのスイッチを切り替えてもう一つの立場に入っていく瞬間を、本人は(苦しくも)楽しんでいたりする。

事業をやっていくには、色々な専門家のチカラを必要とする。僕は実業を営むコピーライターとして、士業のようにお店や会社のお役に立っていきたいと考えている。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

10万円分以上あるTポイントカードと名刺作りの共通点 ~会話、生まれてる?

かつて「関西の家計簿マジシャン」と評され、マネー雑誌に連載記事を書いていたことがあるのは僕の自慢のひとつ。そんな僕のTポイントカードには、いつも10万円以上のポイントが貯まった状態になっている。 Tポ …

印刷会社らしくiPhone5s、iPhone6、iPhone6plusの大きさの違いをお伝えしてみる

新しいiPhoneの発表された朝「買うの?」「何色?」「どのモデル?」というメールやお電話をいただくのがお約束になってきた。ガジェットの好きな人間、ガジェットを使って仕事をするのが好きな人間という風に …

no image

プレッシャーは人を弱くする凶器でもあり、人を強くする養分でもある ~期待値のコントロール

プロ野球ソフトバンクホークスの秋山監督が、リーグ優勝を決めたにも関わらず辞任することになった。  「2軍監督、1軍のコーチ、そして監督として6年。ちょうど10年間やった中で、自分の中で区切りをつけたい …

no image

布団で眠りたいから「任せる」ことに挑戦してみようと思う

いままで全て一人で抱えていた仕事の一部を、外の方にお願いすることにした。 利益の薄いなか、外注費で削られるのは勿体ないという考えもあったけれど、これで時間を買うことができた、未来に投資する時間が持てた …

no image

本気の悔し涙を流せたことが、僕の仕事の誇りなのだと思った

11年目の新しい期が始まったその初日にトラブルがあった。 テキストもテキストを飾るデザインも、一体となってメッセージ。不本意に削られたり手を加えられたりしたものは、真意から遠ざかる。真意ではないものに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)